大手フォワーダー5社、3月の航空輸出混載2月実績を下回る Five major forwarders fall below consolidation in February

 

3月の大手フォワーダー5社(日本通運、近鉄エクスプレス、郵船ロジスティクス、西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)、阪急阪神エクスプレス)の日本発航空輸出混載重量の合計は4万3079㌧と、前年同月比19.2%減少した。 期末にあたる3月は例年需要が増加するが、新型コロナウイルスによる航空会社の旅客便運休・減便によりスペースが縮小したほか、需要の減退もあって、2月実績(4万5600㌧)を下回った。5社すべて2月から減少した。


In March, five major forwarders (Nippon Express, Kintetsu Express, Yusen Logistics, Nishi Nippon Railway International Logistics Division (Nitsutsu), Hankyu Hanshin Express) combined air exports from Japan with a total of 43,079㌧ compared to the same month last year. It decreased by 19.2%. In March, the end of the fiscal year, demand increased year-on-year, but due to a decrease in space due to the suspension and reduction of airline passenger flights due to the new coronavirus, and a decline in demand, the year-on-year result was lower than the February result (45,600㌧). Was. All five companies decreased from February.



12回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年度下期複合輸送、輸出入合計7%増と急回復

国際フレイトフォワーダーズ協会(JIFFA)によると2020年度下期の国際複合輸送実績は、輸出が99万6446TEU(前年同期比+2.2%)、輸入が157万9122TEU(+10.2%)、輸出入合計が257万5568TEU(+7.0%)だった。レベニュートンベースでは、輸出が2456万5000㌧(+ 9.1%)で2018年度上期の水準まで回復し、輸入も3595万1000㌧(+ 5.2%)と、輸出入

日本発航空輸出混載貨物実績(4月)

4月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万481㌧(前年同月比+104.0%)、件数が25万3455件(+40.8%)だった。 重量は5カ月連続の増加。