ONE、通期利益1兆3364億円見込む

オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)の2021年度通期業績は、税引き後利益が前年比約3.4倍の1兆3364億円(117億6000万ドル)となる見通しだ。10月29日に発表された2021年度上期(4~9月)業績は、旺盛な輸送需要と運賃市況の高騰により、税引き後利益が前年同期比で約10倍となる67億6000万ドルとなり、大幅な増益を達成。下期では、春節などの季節要因による荷動き減を考慮し、50億ドルを予想している。海上輸送の混乱収束は、早くとも2022年の春節以降になる見込みで、コンテナ船事業の歴史的な好業績が続いている。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

エミレーツ、2024年までに1140億円投じて貨物機増強

エミレーツスカイカーゴ(UAE/EK)は、貨物機導入と機体改修に36億ディルハム(1140億円)を投資する計画を発表した。2022年にボーイング777F型機を新たに2機導入するとともに、23年から2024年にかけてボーイング777-300ER型旅客機4機を貨物機に改修する。中東や欧州・アフリカの国際ハブ空港としての地位を確立しているドバイ国際空港を拠点に航空貨物輸送を展開するエミレーツグループは、

華南バージフィーダーサービスの停止が前倒しで長期化懸念

華南・珠江デルタ(パールリバーデルタ)におけるバージフィーダーサービスがコロナ禍の混乱を背景に、例年より早く12月半ばから運航を停止する。予これに伴ってコンテナ船各社も日本発華南向けの引き受け停止を大幅に前倒しする。バージの運航停止期間は2カ月近くにおよぶ見込み。もともと海上輸送が大幅に遅延していることに加え、春節後は五輪開催も控えており、輸送混乱の長期化が懸念される。

ANAがカナダの洪水でRFS停止

カナダ西部ブリティッシュコロンビア州での集中豪雨によるインフラ被害の影響が航空貨物にも出ている。ANA Cargoは18日、同州のバンクーバー国際空港から同国の一部他空港へのロードフィーダーサービス(RFS)の新規予約受付を一時的に停止している。再開予定は未定。