日本通運、輸送可視化で新サービス

March 1, 2019

日本通運は、最新のIoT技術を活用して医薬品や精密機械など厳格な品質が要求される輸送の状況を可視化する新サービス「Global Cargo Watcher Advance」を開始した。インテル、日本ハネウェルの2社と協業して実現。センサー技術で、輸送中の温度・湿度・衝撃・傾斜・照度・位置を、クラウド上でモニタリングできる。今後は同協業の枠組みの下、蓄積した輸送情報をAIや機械学習を用いてビッグデータとして活用し、機能強化を図っていくとしている。

Please reload

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.