韓国船社 港混雑でサーチャージ

February 13, 2019

韓国船社の長錦商船、興亜海運、南星海運、天敬海運などは3月から、東京港での慢性的なターミナル混雑を理由に、ポート・コンジェッション・サーチャージ(PCS)を導入する。対象は東京港揚げの輸入貨物で、3社ともにTEU当たり5ドル、FEU当たり10ドル徴収する。運用期間は3月1日から5月15日まで。このほか韓国船社では既に東進商船、パンオーシャンも来月からの導入を発表している。また複数の台湾船社も今月から来月にかけ、東京や大阪への輸入貨物を対象に順次導入している。

Please reload

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.