マースク、対中追加関税影響で船腹調整

December 6, 2018

マースクライン(デンマーク)は、2018年第3四半期業績で、米国による対中追加関税の影響として「来年以降、北米航路の荷動き需要が大幅に鈍化する恐れがある」と慎重な見方を示している。そこで同社は減速に備えて自社のサービスネットワーク全体における北米航路の比率を落としている。一方、アジア発欧州向け荷動きは伸び悩んでいるものの、「第4四半期から改善の兆しが見え始めている」とし、これに合わせて一部サービスを再開して船腹量を増加させているという。

Please reload

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.