キャセイパシフィック航空、航空貨物運送状を完全電子化へ

July 14, 2018

キャセイパシフィック航空は12月1日受託分から、すべての日本発貨物を対象に、紙媒体の航空貨物運送状(ペーパーAWB: Air Way Bill)による受託を原則停止する。紙媒体で受託する場合、AWB1件当たり3000円の取扱手数料を設定する。同社は航空貨物運送状(MAWB: Master Air Way Bill)の電子化(eAWB)を2011年から推進しており、香港発では完全電子化を既に達成している。世界の航空会社で構成される業界団体、国際航空運送協会(IATA)はeAWBの実施を推奨しており、他航空会社においても電子化の動きが相次いでいる。

Please reload

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.