フォワーダー各社2016年業績 取扱い増加も減収

April 11, 2017

欧米の国際大手物流企業の2016年業績が発表された。取扱量は増加したが、運賃低下により減収となった会社が多い。一方、産業分野でみると、eコマース関連や自動車、小売りは堅調だったが、石油・ガス関連などで低迷がみられた。

大手フォワーダーは、市場の成長を上回る取扱量を記録したが、航空・海上の運賃価格の低下によりフォワーディング事業で減収となった企業が多い。

大手のDP-DHLは、EC関連の取り扱いが増えたことで、同部門は4割の大幅な増益となった。
一方、パナルピナは、石油・ガス関連の需要低迷により売上高が減少した。

Please reload

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.