海運不況、日系大手3社の下方修正

August 8, 2016

 

日本郵船、川崎汽船、商船三井の海運大手3社は7月29日、2017年3月期の連結業績予想をそろって下方修正した。期初は黒字を見込んでいた日本郵船は150億円の最終赤字に沈み、川崎汽船の最終赤字は455億円に拡大する。コンテナ船などの市況が悪化し、円高の逆風も重なった。業績回復の航路が見通せない状況が続いている。

 

その中でも商船三井は150億円の最終黒字に踏みとどまる検討を見せている。コンテナ船事業は赤字が続くなど、収益が真に上向いたとはいえないが、鉄鉱石や石炭、穀物などを扱うばら積み船事業で黒字を確保した。ばら積み船の返却や売却により、保有船籍は17年3月末時点で80隻と16年3月末の154隻から大きく減少するが、筋肉質な運航が可能となる。

Please reload

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.