食品輸出がますます活況に

April 4, 2017

苫小牧市が出資する倉庫・港湾運送業の苫小牧埠頭は、2017年4月1日に、苫小牧港に大型冷蔵倉庫を新設することを発表した。収容能力は2万トンで、総事業費は60億円。2019年4月にも稼働し、苫小牧港の営業用冷蔵倉庫の収容能力は5倍以上となる。港湾輸送の効率化を進めると同時に、道産食品の輸出拠点港としての機能を強化する狙いがある。

 

大手商社のJALUX(ジャルックス)も、ベトナムでの日本食の需要増加に対応するため、日本各地で獲れた鮮魚などを最短24時間以内にベトナムのホーチミン市に空輸し、現地の飲食店、総合スーパーなどに配送するサービスを開始している。

 

また、成田市では、成田空港からの農水産物輸出に関する手続きを簡略化し、鮮度が高い状態で届けるための実証事業を行っている。市公設地方卸売市場(成田市場、同市飯仲)の輸出拠点化を目指す取り組みで、同市場内で検疫や通関などを一括して行う「ワンストップ化」の実験を実施している。市によると、ロンドンでは和食がブームになっており、飲食店を中心に県産の食材をPRし、欧州など遠隔地への輸出拡大を目指している。

Please reload

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.