郵船ロジスティクス、上海保税倉庫で医療機器物流サービス開始 Yusen Logistics launches medical equipment logistics service at Shangh

郵船ロジスティクスの中国法人は上海市臨港保税地区の「上海メディカルデバイスウェアハウス」(SNDW)で医療機器関連物流のサービス提供を開始した。同倉庫の面積は5000平方メートルで、中国国家薬品監督管理局が定める医療機器カテゴリーのすべてを取り扱い可能。倉庫内には温度制御された定温庫が3つあり、温湿度自動監視システム、倉庫管理システム、運行管理システムなどを備える。これにより同社は、温湿度履歴管理、配送オーダー管理、業績指標管理、貨物追跡など、ヘルスケア物流で求められる細かな要望に応えるという。

Yusen Logistics' Chinese subsidiary has begun providing medical device-related logistics services at Shanghai Medical Device Warehouse (SNDW) in the Lingang Bonded Zone of Shanghai. The warehouse measures 5,000 square meters and can handle all of the medical device categories set by the Chinese National Regulatory Authority. The warehouse has three temperature-controlled constant temperature chambers, and is equipped with an automatic temperature and humidity monitoring system, a warehouse management system, and an operation management system. This will enable the company to meet the detailed needs of healthcare logistics, including temperature and humidity history management, delivery order management, performance indicator management, and cargo tracking.




12回の閲覧

最新記事

すべて表示

中国、防疫強化による航空スペース減で中小フォワーダー打撃

中国政府の防疫強化による上海浦東国際空港のオペレーション能力低下から日本発中国向けの航空輸送スペース不足が続き、特に中小フォワーダーが打撃を受けている。上海向けでは航空会社の受託制限からスペースが大幅に縮小しており、同空港向けの輸送スペースは長期契約分のみに限られる状況だ。余剰スペースはなく、長期契約のない中小FWDは直行便のスペースが利用できない。北京や広州といった中国の他のゲートウエー空港も同

21年8月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量)

2021年8月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で21,551㌧(前年同月比+52.8%)、2位は近鉄エクスプレスで14,016㌧(+55.6%) 、3位は郵船ロジスティクスで12,016㌧(+72.8%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で5,068㌧ (+64.6%)、 5位は阪急阪神エクスプレスは4,904㌧(+90.3%)だった。

中国フォワーダーApex、アジア発北米向けの航空チャーター拡充

中国エアフォワーダー大手のApexロジスティクスは、ピークシーズンを迎え、アジア発北米主要都市向けの航空チャーターを拡充している。今月には、中国発64機、香港・台湾発41機、ベトナム発26機の北米向けだけでチャーター計131機を仕立てて、ピークシーズンの需要に対応する。中国政府が実施している輸入貨物の「封鎖管理」による空港現場のオペレーション能力の減少で、貨物便供給の戻らない同国の上海浦東空港では