UPS、カーボンニュートラル輸送オプションに補助 UPS Supports Carbon Neutral Shipping Options

UPSは世界環境デー(6月5日)を踏まえ、カーボンニュートラルサービスの利用者を支援する。今月中、同サービスで出荷した貨物のカーボンオフセットと同額を補助する。小口貨物1箱に付き70円の手数料で二酸化炭素の排出量を相殺。削減量が排出量を上回る「カーボンネガティブ」となる可能性もあるという。同社の最高サステナビリティ責任者(CSO)兼環境部門バイスプレジデント、スザンヌ・リンジー・ウォーカー氏は「地球を救う行動を推進することは、まさに世界環境デーを祝うための最善の方法だ。当社のカーボンニュートラル輸送オプションをより多くの顧客に認知・利用いただくことで、大規模な二酸化炭素削減プログラムへの支援を行い、輸送全体の環境に対するカーボンインパクトの削減を支援したい」とした。

UPS will support users of carbon neutral services based on World Environment Day (5 June). This month, the same amount of carbon offset as the cargo shipped by the service will be subsidized. CO2 emissions are offset by a fee of 70 yen for each small package. It is possible that the amount of reduction will be a "carbon negative" that exceeds the amount of emissions. “Promoting actions to save the planet is exactly the best way to celebrate World Environment Day.” Our Carbon Neutral We want to support a large-scale carbon dioxide reduction program by helping more customers to recognize and use the transportation options, and to help reduce the carbon impact on the environment of the entire transportation.”

43回の閲覧

最新記事

すべて表示

マースク、オランダのECサービス企業を買収

A.P.モラー・マースク(デンマーク)は、ECサービス事業を展開するB2Cヨーロッパ・ホールディングス(オランダ)の買収が完了した。B2Cヨーロッパ社は小包の集荷や仕分け、ラベリングなどのサービスを提供。ヨーロッパ35か国の100以上の運送業者と提携し、ラストワンマイル配送のネットワークを拡大している。オランダ、フランス、英国、スペインに加えて、中国にもオフィスを構える。強みを持つ海運事業に加えて

フェデックスが配送料金値上げ、コスト増反映

フェデックスコーポレーションは傘下のフェデックスエクスプレス、フェデックスグラウンド、フェデックスフレイトの3社が来年1月3日から配送料金を引き上げると発表した。フェデックスエクスプレスは米国国内、米国からの輸出・輸入サービスを対象に、平均5.9%値上げする。フェデックスグラウンドとフェデックスホームデリバリーの値上げ幅も5.9%となる見通し。フェデックスフレイトはサービスによって平均5.9%と7

ONE、モバイルアプリに貨物追跡など2機能追加

オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)は、5月に提供を開始したモバイルアプリに、新機能として「トラック&トレース」と「チャット」を追加した。トラック&トレースは移動中の貨物を追跡する機能で、書類の提出状況や出荷指示、VGM(総重量確定情報)なども確認できる。チャット機能は、ONEのカスタマーサービスにアクセスするためのもの。同社は「ONEと顧客の距離を縮める」としている。同社のアプリは、取引