UPS、カーボンニュートラル輸送オプションに補助 UPS Supports Carbon Neutral Shipping Options

UPSは世界環境デー(6月5日)を踏まえ、カーボンニュートラルサービスの利用者を支援する。今月中、同サービスで出荷した貨物のカーボンオフセットと同額を補助する。小口貨物1箱に付き70円の手数料で二酸化炭素の排出量を相殺。削減量が排出量を上回る「カーボンネガティブ」となる可能性もあるという。同社の最高サステナビリティ責任者(CSO)兼環境部門バイスプレジデント、スザンヌ・リンジー・ウォーカー氏は「地球を救う行動を推進することは、まさに世界環境デーを祝うための最善の方法だ。当社のカーボンニュートラル輸送オプションをより多くの顧客に認知・利用いただくことで、大規模な二酸化炭素削減プログラムへの支援を行い、輸送全体の環境に対するカーボンインパクトの削減を支援したい」とした。

UPS will support users of carbon neutral services based on World Environment Day (5 June). This month, the same amount of carbon offset as the cargo shipped by the service will be subsidized. CO2 emissions are offset by a fee of 70 yen for each small package. It is possible that the amount of reduction will be a "carbon negative" that exceeds the amount of emissions. “Promoting actions to save the planet is exactly the best way to celebrate World Environment Day.” Our Carbon Neutral We want to support a large-scale carbon dioxide reduction program by helping more customers to recognize and use the transportation options, and to help reduce the carbon impact on the environment of the entire transportation.”

30回の閲覧

最新記事

すべて表示

ANAの貨物部門、売上過去最高

ANAホールディングス(NH/ANA)の2021年3月期の連結決算によると、貨物部門のANAカーゴが過去最高の1605億円(前期比+56.3%)を記録した。旅客便の運休・減便により国際線貨物輸送重量が65.5万㌧(-24.4%)に減少したものの、需給のひっ迫によって運賃が高騰したことによる。前期は、第1四半期にマスクなど緊急物資の輸送需要が増加し、8月以降は自動車関連部品や半導体、電子機器などの需

米国航空3社の2021年1~3月期貨物事業収入8割増

デルタ航空(DL/DAL)、アメリカン航空グループ(AA/AAL)、ユナイテッド航空ホールディングス(UA/UAL)の米国大手航空3社の2021年1~3月期の貨物事業収入は10億2700万ドル(前年同期比+82.4% )と大幅に増加した。前年同期はすでに新型コロナ禍による旅客便運休・減便による供給スペース減も発生していた。2020年春以降に医療関連物資などの緊急輸送需要もあったほか、旅客機貨物便が

MSC、アジアーヨーロッパでシー&レール開始

MSCはアジアと欧州を結ぶ新たな海上・鉄道複合輸送サービスを開始した。日本・中国・韓国などからの貨物を、欧州各地へインターモーダル輸送するサービスは、すでにAPモラー・マースクなどが提供している。ロシアでの陸上輸送については、APモラー・マースクがすでに実施している「AE19」と同様に、鉄道で極東のボストチヌイなどから西部のサンクトペテルブルクまでを結ぶ。サンクトペテルブルクからはフィーダー船によ