主要6港の外国貿易コンテナ、7か月ぶり前年比プラス The number of foreign trade containers at the six major ports exceeded

国土交通省が発表した4月分の港湾統計速報によると、主要6港の外国貿易貨物コンテナ個数は122万6720TEUで、7か月ぶりに前年同月実績を上回った。横浜港と名古屋港は、輸出が前年同月比10%以上減少したことで合計数もマイナスとなったが、東京港、川崎港、大阪港、神戸港は輸出・輸入ともに増加。6港合計のコンテナ個数は、輸出が61万85TEU(前年同月比+1.5%)、輸入が61万6635TEU(+3.3%)だった。

According to the April port statistics bulletin released by the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism, the number of foreign trade freight containers in the six major ports was 1,226,720 TEU, surpassing the same month last year for the first time in 7 months. At Yokohama Port and Nagoya Port, the total number was negative as exports decreased by 10% or more compared to the same month last year, but at Tokyo Port, Kawasaki Port, Osaka Port and Kobe Port both exports and imports increased. The total number of containers at the six ports was 6185 TEU for export (+1.5% YoY) and 616,635 TEU for import (+3.3%).

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

国交省、海上コンテナ輸送逼迫対応で協力要請 MLIT requested cooperation to deal with tight sea container transportation

国土交通省は、荷主や物流・船社・港湾関係団体に対し、世界的な国際海上コンテナ輸送の需給逼迫への対応に関する協力要請を発出した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的なロックダウンで国際貿易は一時的に縮小したが、その後、急速に輸送需要が回復。海外主要港で滞船、実入りコンテナの搬出や空コンテナの返却の遅れが生じ、世界的に空コンテナが不足して輸送力が落ち込んでいる。具体的には実入り輸入コンテナの早期引

アジア向け航空運賃、半導体と春節で2倍に Airfares to Asia doubled due to semiconductors and Chinese New Year

中華圏の春節(旧正月)を控え、日本発アジア向けの航空貨物スポット運賃が高騰している。東アジア向けでは半導体関連など輸出需要が好調の中、春節前の駆け込み需要もあり、年明け以降、例年の2倍以上に急騰。春節以降も活況な荷動きが続き、スポット運賃は高止まりが続く見込み。 Air freight spot fares from Japan to Asia are skyrocketing ahead of

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.