台湾船社の2020年第一四半期決算大幅減益 Taiwan shipping company's first quarter 2020 financial results

台湾船社主要3社(ワンハイラインズ、エバーグリーン、ヤンミン)の2020年第1四半期決算は、新型コロナウイルスの影響による需要減などを背景に、最終段階で3社とも大幅な減益となった。ワンハイラインズは前年同期比92.1%減と大幅減ながら、最終段階で8300万台湾ドルと黒字を維持したが、エバーグリーンとヤンミンはともに赤字を計上。ヤンミンはバルク事業子会社の損失認識で3億3000万台湾ドルを計上したことも業績悪化に繋がった。エバーグリーンは営業段階では減益ながら黒字を維持したものの、最終損益では約10億台湾ドル悪化し、4億4100万台湾ドルの赤字。ヤンミンは営業段階では改善したが、最終損益は前年同期の6億1200万台湾ドルの赤字から8億1800万ドルの赤字へと赤字幅が拡大した。

Earnings for the three major Taiwanese shipping companies (One High Lines, Evergreen, Yangmin) in the first quarter of 2020 declined sharply at the final stage due to a decline in demand due to the impact of the new coronavirus. .. One-high lines maintained a surplus of NT $ 83 million at the final stage, with a sharp decrease of 92.1% compared to the same period of the previous year, but Evergreen and Yangmin both posted losses. Yanmin's loss recognition of a bulk business subsidiary also recorded NT $ 330 million, which also led to a deterioration in business performance. Although Evergreen remained profitable despite a decrease in operating stage, the final loss deteriorated by about 1 billion Taiwan dollars to a deficit of 441 million Taiwan dollars. Although Yangmin improved in the business stage, its net loss expanded from a deficit of TND612m in the same period of the previous year to a deficit of $ 818m.

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 40

欧州(前週比+2.7%)、北米東岸経由(+7.0%)、韓国(+0.2%)で増加。北米西岸経由(-3.7%)は減少。 Europe (+2.7%), North America via East Coast (+7.0%), and South Korea (+0.2%) increased. Traffic via the west coast of North America (-3.7%)

日本発航空輸出混載貨物実績(21年8月)

8月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が8万9012㌧(前年同月比+59.1%)、件数が21万1487件(+21.9%)だった。重量は9カ月連続の前年超え。 Airfreight consolidation shipments from Japan in August totaled 89,012 tons (up 59.1% y-o-y) and 211,487 cases (up 21.9%

マースク、オランダのECサービス企業を買収

A.P.モラー・マースク(デンマーク)は、ECサービス事業を展開するB2Cヨーロッパ・ホールディングス(オランダ)の買収が完了した。B2Cヨーロッパ社は小包の集荷や仕分け、ラベリングなどのサービスを提供。ヨーロッパ35か国の100以上の運送業者と提携し、ラストワンマイル配送のネットワークを拡大している。オランダ、フランス、英国、スペインに加えて、中国にもオフィスを構える。強みを持つ海運事業に加えて