日本発北米向けコンテナ輸送、スペースひっ迫 Space for marine container transportation from Japan to North America is tight

日本発北米向け海上コンテナ輸送で、ブッキングが来月になるケースが増えている。アジア発北米向けスポットコンテナ運賃の急騰でアジア発にスペース割り当てが優先され、日本発がひっ迫している。フォワーダー・NVOCC・海上混載各社によると、中華圏の国慶節を控える今月中はおおむね日本発で新規のブッキングが取りにくく、「決まった数量以上の追加のコンテナは受けてくれない」状況だ。一部でブッキングが来月末となる例も出ている。アジア発北米向けでは、FEU当たり数千ドルの値上げを顧客に転嫁せざるを得ない環境に直面している。 There are an increasing number of cases where bookings will be made next month for marine container transportation from Japan to North America. Due to the sharp rise in spot container fares from Asia to North America, space allocation is prioritized over Asian departures, and Japan departures are tight. According to forwarders, NVOCCs, and mixed-season carriers, it is difficult to get new bookings from Japan during this month, which is ahead of the National Day of the People's Republic of China, and "we will not accept additional containers beyond the fixed number." In some cases, booking will be at the end of next month. From Asia to North America, we are facing an environment where we have no choice but to pass on a price increase of several thousand dollars per FEU to our customers.


19回の閲覧

最新記事

すべて表示

日通総研が2020年度貨物輸送見通しを発表 Nittsu Research Institute Announces 2020 Freight Transport Outlook

日通総合研究所は、「2020年度の経済と貨物輸送の見通し(改訂)」で外貿コンテナ貨物と国際航空貨物の輸出がともに2年連続でマイナスを記録するとの予測を明らかにした。外貿コンテナ貨物の輸出は9.2%の減少を予測。特に4-6月期はコロナ・ショックによる下押しで、前期からマイナス幅が大幅に拡大した。海外の設備投資需要は回復の勢いが弱く、機械類は低調な荷動きが続き、前年度水準を下回るという。国際航空貨物の

SCFI Summary week 38

北米西岸経由(前週比+53)、 北米東岸経由(+100) 、 欧州(+27)、 釜山(+6)はで増加 。 The Shanghai Containerized Freight Index as of 18th of September increased via the west coast of North America (+53 compared to the previous week),

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.