日本発着アジア域内コンテナ航路、荷動き低迷 Slumping cargo movements on container routes within Asia to / from Japan

新型コロナウイルス感染拡大の影響が長期化し、日本発着アジア域内コンテナ航路は荷動き低迷が長期化の様相を呈している。東西基幹航路は中国発北米向けを中心に荷動きの増加や運賃の高騰が続くが、アジア域内航路は荷動き・運賃ともに回復が遅れている。一方で集荷営業については荷主を中心に在宅勤務が続く影響で荷主による利用船社の変更が減り、コロナ以前に比べ集荷競争は下火となっているようだ。

The impact of the spread of the new coronavirus infection has been prolonged, and the slump in cargo movements on container routes within Asia to and from Japan is showing signs of prolonged stagnation. Although cargo movements and fares continue to rise on East-West trunk routes, mainly from China to North America, recovery of cargo movements and fares has been delayed on routes within Asia. On the other hand, regarding the collection business, the number of changes in the shipping company used by the shipper has decreased due to the continued work from home, mainly the shipper, and the collection competition seems to be lower than before Corona.

10回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年度下期複合輸送、輸出入合計7%増と急回復

国際フレイトフォワーダーズ協会(JIFFA)によると2020年度下期の国際複合輸送実績は、輸出が99万6446TEU(前年同期比+2.2%)、輸入が157万9122TEU(+10.2%)、輸出入合計が257万5568TEU(+7.0%)だった。レベニュートンベースでは、輸出が2456万5000㌧(+ 9.1%)で2018年度上期の水準まで回復し、輸入も3595万1000㌧(+ 5.2%)と、輸出入

日本発航空輸出混載貨物実績(4月)

4月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万481㌧(前年同月比+104.0%)、件数が25万3455件(+40.8%)だった。 重量は5カ月連続の増加。