山九、紛失防ぐアフリカ向け小口輸送サービス開始 Sankyu launches small-lot transportation service for Africa to prevent loss

山九は、アフリカ地域との貿易を手掛けるスタンデージと、出資を含めた業務提携を進めていくことで合意し、国際小口輸送サービスでナイジェリア向け輸出業務サポートを開始すした。アフリカ向けの輸出では、商品の紛失トラブルと貿易取引の高額な手数料が課題となっていることから、新サービスでは山九の物流ネットワークと貨物追跡情報に加え、スタンデージのナイジェリア法人がブロックチェーンを用いた現地配送サポートを行うことで、商品紛失に関する課題を解決する。


Sankyu has agreed with Standage, which handles trade with the African region, to promote a business tie-up, including investment, and has started exporting business support to Nigeria through international small-lot transportation services. In the case of exports to Africa, issues such as loss of goods and high fees for trade transactions have become issues. By providing on-site delivery support, resolve issues related to lost products.

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

2019年中国フォワーダーランキング、日通14位 The 2019 China Forwarder Ranking, Nippon Express ranked in 14th

中国国際貨運代理協会(中国フォワーダー協会、CIFA)は2019年の中国フォワーダーランキングベスト100を発表した。総合1位はシノトランス、2位は海運最大手のチャイナ・コスコ・ホールディングス傘下の中遠海運国際貨運(コスコ・インターナショナル・フレート)、3位は中国物資儲運集団だった。日系現地法人では日本通運14位、近鉄エクスプレス23位、郵船ロジスティクス29位にランクイン。事業別では、日通が

2020年12月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) Forwarder Ranking in December 2020

2020年12月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で23,366㌧(前年同月比+35.0%)、2位は近鉄エクスプレス12,926㌧(+9.9%) 、3位は郵船ロジスティクス11,513㌧(+19.8%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)5,028㌧ (+19.4%)、5位は阪急阪神エクスプレスは4,931㌧(+29.2%)だった。全社前年

郵船ロジ、チリで合弁会社を設立 Yusen Logistics establishes joint venture in Chile

郵船ロジスティクスはチリで現地バートナー企業と合弁会社Yusen Logistics Chile SpAを設立した。同社は 2016年からチリで物流サービスを提供しているが、合弁会社設立でさらなる物流事業拡大を目指す。チリは銅などの鉱山物のほか、農林水産物の輸出も盛ん。近年は輸出市場の拡大を目指して近隣諸国やアジア太平洋地域との関係強化や、積極的な通商政策を進めている。 Yusen Logisti

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.