山九、紛失防ぐアフリカ向け小口輸送サービス開始 Sankyu launches small-lot transportation service for Africa to prevent loss

山九は、アフリカ地域との貿易を手掛けるスタンデージと、出資を含めた業務提携を進めていくことで合意し、国際小口輸送サービスでナイジェリア向け輸出業務サポートを開始すした。アフリカ向けの輸出では、商品の紛失トラブルと貿易取引の高額な手数料が課題となっていることから、新サービスでは山九の物流ネットワークと貨物追跡情報に加え、スタンデージのナイジェリア法人がブロックチェーンを用いた現地配送サポートを行うことで、商品紛失に関する課題を解決する。


Sankyu has agreed with Standage, which handles trade with the African region, to promote a business tie-up, including investment, and has started exporting business support to Nigeria through international small-lot transportation services. In the case of exports to Africa, issues such as loss of goods and high fees for trade transactions have become issues. By providing on-site delivery support, resolve issues related to lost products.

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

DSVパナルピナ、アジリティの商業貨物部門買収

DSVパナルピナは、中東系物流大手アジリティの一般商業貨物部門アジリティ・グローバル・インテグレーテッド・ロジスティクス(アジリティGIL)の買収を発表した。買収額は42億ドル。アジリティGILの業績を合わせたDSVパナルピナの事業規模は、売上高約220億ドル、従業員7万人以上に拡大し、売上高でDBシェンカーを抜き世界3位の3PL企業となる。フォワーディングの取扱量は航空貨物160万㌧以上、海上貨

郵船ロジ、北米向け自動車関連で航空輸出過去最高

郵船ロジスティクスの3月の日本発国際航空貨物取扱量は17,219㌧と、統合による会社発足後過去最高を記録した。北米向けの自動車関連緊急輸送需要を取り込んだことによる。成田発で米国や欧州に毎週ベリーチャーターを継続しており、ボリュームを生かした購買力で安定的にスペースを確保、運賃マーケットが高い中でも競争力ある航空輸送商品を提供している。事業や地域を超えた部門間の連携で、過去最高の物量も円滑なオペレ

2021年3月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) 

2021年3月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で28,556㌧(前年同月比+83.9%)、2位は郵船ロジスティクスで17,219㌧(+103.0%) 、3位は近鉄エクスプレスで16,443㌧(+44.2%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で5,903㌧ (+48.3%) 、5位は 阪急阪神エクスプレスは5,888㌧(+59.9%)とな