生鮮・医薬品輸送が海上輸送へシフト Perishables/pharmaceutical transportation is shifting to sea transportation

新型コロナウイルスの影響で航空貨物輸送の需給タイト感が逼迫したことが、海上リーファーコンテナを活用した生鮮食品や医薬品輸出で追い風となっている。以前からこれら高付加価値貨物の海上シフトは起きていたが、航空貨物輸送のキャパシティーが極度に減少。巣ごもり需要などのため、生活必需品である飲食料品は各国で堅調な需要が続いていたが、航空貨物の海上シフト加速が需要をさらに押し上げている。

The tightness of supply and demand in air freight transportation under the influence of the new coronavirus has been a tailwind for the export of fresh foods and pharmaceuticals using ocean reefer containers. The sea shift of these high value-added freights has taken place for some time, but the air freight transport capacity has dramatically decreased. Due to demand for nest nests and other factors, demand for food and beverages, which are essential daily goods, remained strong in each country, but the accelerated sea freight shift of air freight has further boosted demand.

24回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 18

欧州(前週比+4.9%)、北米西岸経由(+1.2%)、 北米東岸経由(+8.1%) で増加。 韓国(-5.4%) は減少。

日本発航空輸出混載貨物実績(3月)

3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万3236㌧(前年同月比+63.4%)、件数が26万9240件(+23.9%)だった。年度末の需要増加により、海上貨物の混乱で貨物がさらに増加し、2月からも1万8000㌧超増えた。 重量は4カ月連続の増加で、 新型コロナウイルス禍のスペース不足が続く中、記録的な高水準となった。