ONE、2019年度は黒字もコロナで今年度予想を見送り ONE, FY2019 profit was in the black

オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)の2019年度業績は、税引き後損益が前年度から約7億ドル改善し、1億500万ドルの黒字となった。第4四半期(1~3月)は新型コロナウィルスの影響に伴う積み高の減少などで2200万ドルの赤字となったが、運航費の削減や燃料油価格の下落などにより、当初見込んでいた赤字額予想からは半分以下へと圧縮した。また統合によるシナジー効果の達成は当初3年後を予定していたが、これを1年前倒しして達成したとして、今後さらなる競争力の強化を目指す。ただ足元で新型コロナウィルスの感染拡大で、欧米を含む世界各地での需要減退で荷動きが停滞し、5月以降も不透明感が強いことから、20年度通期見通しについては合理的な見積もりが困難であることから発表を見送った。

The performance of Ocean Network Express (ONE) for the fiscal year of 2019 was a profit of $ 105 million, with profit after tax improved by approximately $ 700 million from the previous year. In the fourth quarter (January-March), a loss of 22 million dollars was recorded due to a decrease in stacking volume due to the impact of the new coronavirus, but it was initially expected due to operating cost reductions and falling fuel oil prices. It has been reduced to less than half from the deficit forecast. The synergy effect from the integration was initially planned to be achieved in three years, but it will be achieved one year ahead of schedule, and the Company aims to further strengthen its competitiveness in the future. However, due to the recent spread of the new coronavirus infection, cargo movements stagnated due to a decline in demand in various parts of the world including Europe and the United States, and uncertainty remains strong from May onward, making it difficult to reasonably estimate the full-year forecast for FY20. The announcement was postponed due to some reason.

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年の中国―欧州鉄道「中欧班列」輸送が過去最高 2020 China-Europe Railway "CRExpress" transportation record high

中国-欧州のクロスボーダー貨物鉄道輸送の実績が過去最高を記録した。中国国家鉄路集団によると、中欧鉄道列車、「中欧班列(CRExpress)」の昨年の運行実績は、計1万2400便(前年比+50.8%)、113万5000TEU(+56.5%)だった。年間の便数で1万便、輸送量で100万TEUを突破。中国発に荷量の偏る「片荷」の解消が進み、補助金に支えられていた運賃も定期運行の増加で安定してきて、商業利

コンテナ長期契約交渉開始、値上げは必至 Long-term contract negotiations for marine containers have started

来期に向けた海上コンテナ貨物の長期契約交渉が始まりつつある。先行して妥結した海外では、スポット市場の高騰を受けて昨年より大幅な値上げが進む。サプライチェーンの深刻な混乱から、荷主はスペースとコンテナ確保を最優先しており、日本においても値上げの実現自体は確実視されている。 Long-term contract negotiations for marine container cargo for t

ザ・アライアンスのサービス変更 Direct service Japan to USEC disappears due to the service change of The Alliance

オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)とハパックロイド、ヤンミンおよびHMMは、ザ・アライアンスの2021年の新サービス体制を発表した。日本基点の振り子サービス「FP1」は維持するが、復航で横浜に寄港していた「FP2」は日本を抜港。一方で「PS5」サービスで東京寄港を追加する。また北米東岸サービスでは、「EC1」と「EC3」の統合に伴い、「EC1」で寄港する東京と神戸を抜港。これにより、

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.