ONE運航のコンテナ船、悪天候でコンテナ1816本が落下 ONE dropped 1816 containers due to bad weather

オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)運航のコンテナ船 「ONE APUS」(ワン・アパス)が、11月30日ハワイ沖で荒天に遭遇しコンテナ1816本が流出した。このうち64本が危険物コンテナという。本船は中国・塩田港(深セン)から米国ロングビーチ港に向かう予定だったが、針路を変更し12月8日神戸港に入港した。紛失・破損したコンテナの正確な数や種類、船体への損傷について検証する。安全を最優先するため、 検証には1か月以上かかる見込み。陸揚げされたコンテナは段階的に検査を受け、陸揚げがすべて完了した後に船体の損傷と修理に関する全面的な検証が行われるという。

The container ship "ONE APUS" operated by Ocean Network Express (ONE) encountered stormy weather off the coast of Hawaii on November 30, and 1816 containers were leaked. Of these, 64 are called dangerous goods containers. The ship was scheduled to head from Yantian Harbor (Shenzhen) in China to Long Beach Port in the United States, but changed course and arrived at Kobe Port on December 8. Verify the exact number and type of lost or damaged containers and damage to the hull. This verification puts safety first, so it is expected to take more than a month. The landed containers will be inspected in stages, and after all landings are completed, a full verification of hull damage and repairs will be carried out.

28回の閲覧

最新記事

すべて表示

ANAの貨物部門、売上過去最高

ANAホールディングス(NH/ANA)の2021年3月期の連結決算によると、貨物部門のANAカーゴが過去最高の1605億円(前期比+56.3%)を記録した。旅客便の運休・減便により国際線貨物輸送重量が65.5万㌧(-24.4%)に減少したものの、需給のひっ迫によって運賃が高騰したことによる。前期は、第1四半期にマスクなど緊急物資の輸送需要が増加し、8月以降は自動車関連部品や半導体、電子機器などの需

米国航空3社の2021年1~3月期貨物事業収入8割増

デルタ航空(DL/DAL)、アメリカン航空グループ(AA/AAL)、ユナイテッド航空ホールディングス(UA/UAL)の米国大手航空3社の2021年1~3月期の貨物事業収入は10億2700万ドル(前年同期比+82.4% )と大幅に増加した。前年同期はすでに新型コロナ禍による旅客便運休・減便による供給スペース減も発生していた。2020年春以降に医療関連物資などの緊急輸送需要もあったほか、旅客機貨物便が

MSC、アジアーヨーロッパでシー&レール開始

MSCはアジアと欧州を結ぶ新たな海上・鉄道複合輸送サービスを開始した。日本・中国・韓国などからの貨物を、欧州各地へインターモーダル輸送するサービスは、すでにAPモラー・マースクなどが提供している。ロシアでの陸上輸送については、APモラー・マースクがすでに実施している「AE19」と同様に、鉄道で極東のボストチヌイなどから西部のサンクトペテルブルクまでを結ぶ。サンクトペテルブルクからはフィーダー船によ