日通総研2020年度貨物輸送見通しを大幅下方修正 Nittsu-Soken the outlook for freight transportation in 2020

日通総合研究所は「2020年度の経済と貨物輸送の見通し(改訂)」を公表した。外貿コンテナ(国際海上貨物)、国際航空貨物は輸出・輸入共に新型コロナウイルスの感染拡大の影響を反映し、前回発表(2020年3月)から前年度実績を大幅に下方修正した。同社は経済への新型コロナの影響度合いが世界大恐慌時に匹敵するとし、2020年いっぱいは停滞が避けられないと予測。米中貿易摩擦の再燃・激化やコロナの再流行により、回復が遅れてマイナス幅が一段と拡大する可能性もあると指摘する。

Nippon Express Research Laboratories has announced "Economy and Freight Forwarding Outlook for 2020 (Revised)". Foreign trade containers (international sea freight) and international air freight have been revised downward significantly from the previous year's announcement (March 2020), reflecting the impact of the spread of the new coronavirus in both export and import. The company predicts that the impact of the new Corona on the economy will be comparable to the Great Depression, and that stagnation will be unavoidable throughout 2020. He pointed out that recovery may be delayed and the negative range may further expand due to the re-intensification and intensification of US-China trade friction and the re-emergence of corona.

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 40

欧州(前週比+2.7%)、北米東岸経由(+7.0%)、韓国(+0.2%)で増加。北米西岸経由(-3.7%)は減少。 Europe (+2.7%), North America via East Coast (+7.0%), and South Korea (+0.2%) increased. Traffic via the west coast of North America (-3.7%)

日本発航空輸出混載貨物実績(21年8月)

8月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が8万9012㌧(前年同月比+59.1%)、件数が21万1487件(+21.9%)だった。重量は9カ月連続の前年超え。 Airfreight consolidation shipments from Japan in August totaled 89,012 tons (up 59.1% y-o-y) and 211,487 cases (up 21.9%

北米向け航空運賃、長期契約運賃は倍のケースも

日本発北米向けの航空貨物運賃が高騰している。直近の日本発の需要は年初~春頃に比べて落ちついているものの、中国や他のアジア発運賃が上昇しているため引きずられて上昇した格好だ。スポットレート、ファイルレート(長期契約運賃)ともに上昇しており、ファイルレートについてはフォワーダーと航空会社の契約によって異なるものの、10月の改定では夏季ダイヤ開始時点から倍となったケースもあったようだ。新型コロナウイルス