日通総研2020年度貨物輸送見通しを大幅下方修正 Nittsu-Soken the outlook for freight transportation in 2020

日通総合研究所は「2020年度の経済と貨物輸送の見通し(改訂)」を公表した。外貿コンテナ(国際海上貨物)、国際航空貨物は輸出・輸入共に新型コロナウイルスの感染拡大の影響を反映し、前回発表(2020年3月)から前年度実績を大幅に下方修正した。同社は経済への新型コロナの影響度合いが世界大恐慌時に匹敵するとし、2020年いっぱいは停滞が避けられないと予測。米中貿易摩擦の再燃・激化やコロナの再流行により、回復が遅れてマイナス幅が一段と拡大する可能性もあると指摘する。

Nippon Express Research Laboratories has announced "Economy and Freight Forwarding Outlook for 2020 (Revised)". Foreign trade containers (international sea freight) and international air freight have been revised downward significantly from the previous year's announcement (March 2020), reflecting the impact of the spread of the new coronavirus in both export and import. The company predicts that the impact of the new Corona on the economy will be comparable to the Great Depression, and that stagnation will be unavoidable throughout 2020. He pointed out that recovery may be delayed and the negative range may further expand due to the re-intensification and intensification of US-China trade friction and the re-emergence of corona.

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

アジア向け航空運賃、半導体と春節で2倍に Airfares to Asia doubled due to semiconductors and Chinese New Year

中華圏の春節(旧正月)を控え、日本発アジア向けの航空貨物スポット運賃が高騰している。東アジア向けでは半導体関連など輸出需要が好調の中、春節前の駆け込み需要もあり、年明け以降、例年の2倍以上に急騰。春節以降も活況な荷動きが続き、スポット運賃は高止まりが続く見込み。 Air freight spot fares from Japan to Asia are skyrocketing ahead of

日通総研、2021年度の外貿コンテナ・航空輸出はプラス成長を予測 Positive growth in foreign trade container and air exports in 2021

日通総合研究所の「2020・21年度の経済と貨物輸送の見通し」によると、2021年度日本発外貿コンテナ輸出量は468万TEU(前年度比+6.5%)、航空輸出重量は103万㌧(+12.8%)といずれもプラス成長となる見通しだ。航空輸出はコロナ前と同程度の水準に戻ると予想されている。 According to the Nittsu Research Institute's "Economic and

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.