日通総研が2020年度貨物輸送見通しを発表 Nittsu Research Institute Announces 2020 Freight Transport Outlook

日通総合研究所は、「2020年度の経済と貨物輸送の見通し(改訂)」で外貿コンテナ貨物と国際航空貨物の輸出がともに2年連続でマイナスを記録するとの予測を明らかにした。外貿コンテナ貨物の輸出は9.2%の減少を予測。特に4-6月期はコロナ・ショックによる下押しで、前期からマイナス幅が大幅に拡大した。海外の設備投資需要は回復の勢いが弱く、機械類は低調な荷動きが続き、前年度水準を下回るという。国際航空貨物の輸出は13.5%減と2年連続のマイナスを予測。4-6月期はコロナ・ショックによる下押しで欧州線と太平洋線のマイナスが拡大し、半減を超える大幅減となった。ただ、アジア線は新型コロナの早期収束を受けて、回復基調が鮮明という。


Nittsu Research Institute has announced that exports of both foreign container freight and international air freight will record negative figures for the second consecutive year in the "FY2020 Economic and Freight Transport Outlook (Revised)". Exports of foreign container cargo are forecast to decline by 9.2%. In particular, the April-June quarter was pushed down by the corona shock, and the negative range expanded significantly from the previous quarter. Overseas capital investment demand is recovering weakly, and machinery continues to be sluggish, falling below the previous year's level. International air cargo exports are forecast to decline by 13.5% for the second consecutive year. In the April-June quarter, the negative impact on European and Pacific routes expanded due to the downward pressure from the corona shock, resulting in a significant decrease of more than half. However, it is said that the recovery trend of Asian flights is clear due to the early convergence of the new Corona.

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 40

欧州(前週比+2.7%)、北米東岸経由(+7.0%)、韓国(+0.2%)で増加。北米西岸経由(-3.7%)は減少。 Europe (+2.7%), North America via East Coast (+7.0%), and South Korea (+0.2%) increased. Traffic via the west coast of North America (-3.7%)

日本発航空輸出混載貨物実績(21年8月)

8月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が8万9012㌧(前年同月比+59.1%)、件数が21万1487件(+21.9%)だった。重量は9カ月連続の前年超え。 Airfreight consolidation shipments from Japan in August totaled 89,012 tons (up 59.1% y-o-y) and 211,487 cases (up 21.9%

北米向け航空運賃、長期契約運賃は倍のケースも

日本発北米向けの航空貨物運賃が高騰している。直近の日本発の需要は年初~春頃に比べて落ちついているものの、中国や他のアジア発運賃が上昇しているため引きずられて上昇した格好だ。スポットレート、ファイルレート(長期契約運賃)ともに上昇しており、ファイルレートについてはフォワーダーと航空会社の契約によって異なるものの、10月の改定では夏季ダイヤ開始時点から倍となったケースもあったようだ。新型コロナウイルス