日通第4四半期に米州・欧州・東アで大幅減益 Nippon International's international business saw a significant decline

日本通運は国際関連事業の業績を発表した。2019年度(19年4月~20年3月、海外会社は19年1~12月を連結)の海外会社業績は第4四半期に業績が悪化。第4単四半期における海外会社の売上高は1033億円(前年同期比-9.8% )、営業利益は15億1700万円(-59.5%)だった。全般的に航空貨物の取り扱いが減少。米州、欧州は8割以上の減益と落ち込んだ。第3四半期までプラスで推移していた東アジアも半減近い減益だった。

Nippon Express has announced the results of its international business. In FY2019 (April 19th to March 20th, overseas companies consolidate from January 19th to December 19th), overseas company performance deteriorated in the fourth quarter. Overseas company sales for the fourth quarter were 10.33 billion yen (-9.8% year-on-year) and operating income was 1.517 billion yen (-59.5%). Handling of air freight generally decreased. The Americas and Europe fell by more than 80%. Earnings in East Asia, which had been positive until the third quarter, also fell by almost half.日通

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

キューネ・アンド・ナーゲル、中国フォワーダーを買収 Kuehne+Nagel acquires a Chinese Forwarder

キューネ・アンド・ナーゲルは中国大手航空フォワーダーであるエイペックス・インタ-ナショナル(Apex)の買収を発表した。Apexの2020年の取り扱い実績は航空貨物75万㌧、海上貨物19万TEUで。中国国際貨運代理協会がまとめた同国フォワーダーランキング(2019年)では航空貨物事業で第4位にランクインしている。 Kuehne+Nagel has announced the acquisition

2019年中国フォワーダーランキング、日通14位 The 2019 China Forwarder Ranking, Nippon Express ranked in 14th

中国国際貨運代理協会(中国フォワーダー協会、CIFA)は2019年の中国フォワーダーランキングベスト100を発表した。総合1位はシノトランス、2位は海運最大手のチャイナ・コスコ・ホールディングス傘下の中遠海運国際貨運(コスコ・インターナショナル・フレート)、3位は中国物資儲運集団だった。日系現地法人では日本通運14位、近鉄エクスプレス23位、郵船ロジスティクス29位にランクイン。事業別では、日通が

アジア向け航空運賃、半導体と春節で2倍に Airfares to Asia doubled due to semiconductors and Chinese New Year

中華圏の春節(旧正月)を控え、日本発アジア向けの航空貨物スポット運賃が高騰している。東アジア向けでは半導体関連など輸出需要が好調の中、春節前の駆け込み需要もあり、年明け以降、例年の2倍以上に急騰。春節以降も活況な荷動きが続き、スポット運賃は高止まりが続く見込み。 Air freight spot fares from Japan to Asia are skyrocketing ahead of

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.