日本通運2020年第1四半期決算、コロナで通期利益208億円減少 Nippon Express announced its first quarter 2020 financial results

グローバルフォワーダーランキングで日系企業1位(アームストロング&アソシエイツ調べ)である日本通運の2020年4~6月期連結決算は、売上高が4720億円(前年同期比-9.2%)、営業利益が44億7700万円(-57.9%)、経常利益が63億4100万円(-51.9%)、純利益が96億800万円(+32.0%)だった。世界5極とも減収減益で、米州は営業赤字。固定資産売却益を計上し、最終益は増加した。通期予想も経常段階まで減収減益としたが、コロナ禍の緊急輸送で航空チャーターを実施している東アジア、南アジア・オセアニアが大幅増益に転換、航空事業も販売単価上昇で輸出額がプラスとなり、収入、利益ともに減少幅を縮める見込み。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、通期の売上高を439億円、営業利益を208億円押し下げる見通しとした。

Nippon Express, the No. 1 Japanese company in the global forwarder ranking (according to Armstrong & Associates), reported consolidated net sales of 472.0 billion yen (-9.2% year-on-year) and operating profit of 44 777 million yen (-57.9%), ordinary profit was 6,341 million yen (-51.9%), and net profit was 9,608 million yen (+32.0%). Sales and profits have decreased in all five regions of the world, and the Americas are in the red. We recorded a gain on sales of fixed assets and increased the final profit. Although the full-year forecast also saw sales and profits fall to the ordinary stage, East Asia and South Asia/Oceania, which carry out aviation charters for the emergency transportation of Corona, turned into a significant increase in profits, and in the aviation business, the unit sales price increased and the export value increased. , Both income and profit are expected to decrease. Due to the spread of the new coronavirus infection, the company forecasts to reduce full-year sales by 43.9 billion yen and operating profit by 20.8 billion yen.

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

近鉄エクスプレス、2021年3月期は最高益見通し  KWE forecasts highest profits for the fiscal year ending March 2021

近鉄エクスプレスは2021年3月期第2四半期決算の業績が、営業収入で2,637億18百万円(前年同期比-2.9%減)、営業利益は130億8百万円(+48.5%)、経常利益は134億24百万円(+104.0%)、親会社株主に帰属する四半期純利益は81億58百万円(+266.6%)となった。新型コロナの影響により、取扱物量は減少したが、航空貨物輸送における旅客便の減便による輸送スペースの大幅な減少に伴

日通、「グローバルNVOCCセンター」を設立 Nippon Express establishes "Global NVOCC Center"

日本通運は、海運フォワーディング事業の強化を目的とした「グローバルNVOCCセンター(GNC)」を設立した。日本を発着とする海運フォワーディング事業(NVOCC)のさらなる成長のため、海運フォワーディングにおけるグローバルでの体制強化を図る。今後はGNCに海外現地法人が行っていた一部業務の集約を行い、一括した利用船社の選定・購買、価格競争力のあるNVOCC商品の開発、海外各地で提供するロジスティク

9月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) September Forwarder Ranking (International Air Cargo Handling Volume)

9月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で17,470㌧(前年同月比+7.8%)、2位は近鉄エクスプレス10,313㌧(-15.1%) 、3位は郵船ロジスティクス8,715㌧(-25.1%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)3,706㌧ (-15.1%)、5位は阪急阪神エクスプレスは3,176㌧(-16.8%)だった。日通は21ヶ月ぶりに前

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.