日本貨物航空2020年3月期決算、売上3割増で赤字縮小 Nippon Cargo Airlines announced its financial results for the year 2020

日本郵船が発表した、日本貨物航空(NCA/KZ)の2020年3月期決算は、売上高が753億円(前期比+32.8%増)、経常損益が4億円改善の155億円の赤字だった。自社貨物機8機の稼働が高まり、前期から売上高は大幅増。一方で、期を通じて米中貿易摩擦などの影響で航空貨物需要が伸び悩んだことで、貨物の搭載率や運賃単価が下落して前期並みの赤字だった。2021年3月期の経常損益は、新型コロナウイルスに伴う貨物スペース縮小により、運賃市況の改善やチャーター便需要の増加が続くと見て120億円の黒字を見込んだ。 

Nippon Yusen announced NFC / KZ's financial results for the fiscal year ending March 31, 2020, with net sales of 75.3 billion yen (up 32.8% YoY) and ordinary income of JPY 15.5 billion, an improvement of 400 million yen. It was in the red. Sales of 8 of our own freighters have increased significantly from the previous fiscal year. On the other hand, due to the sluggish demand for air cargo due to the US-China trade friction and other factors throughout the period, the cargo loading rate and unit freight rates declined, resulting in a loss similar to the previous year. Ordinary profit for the fiscal year ending March 2021 is expected to be 12 billion yen, assuming that the freight market will continue to improve and demand for charter flights will continue due to the shrinking cargo space associated with the new coronavirus.

48回の閲覧

最新記事

すべて表示

マースク、オランダのECサービス企業を買収

A.P.モラー・マースク(デンマーク)は、ECサービス事業を展開するB2Cヨーロッパ・ホールディングス(オランダ)の買収が完了した。B2Cヨーロッパ社は小包の集荷や仕分け、ラベリングなどのサービスを提供。ヨーロッパ35か国の100以上の運送業者と提携し、ラストワンマイル配送のネットワークを拡大している。オランダ、フランス、英国、スペインに加えて、中国にもオフィスを構える。強みを持つ海運事業に加えて

フェデックスが配送料金値上げ、コスト増反映

フェデックスコーポレーションは傘下のフェデックスエクスプレス、フェデックスグラウンド、フェデックスフレイトの3社が来年1月3日から配送料金を引き上げると発表した。フェデックスエクスプレスは米国国内、米国からの輸出・輸入サービスを対象に、平均5.9%値上げする。フェデックスグラウンドとフェデックスホームデリバリーの値上げ幅も5.9%となる見通し。フェデックスフレイトはサービスによって平均5.9%と7

ONE、モバイルアプリに貨物追跡など2機能追加

オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)は、5月に提供を開始したモバイルアプリに、新機能として「トラック&トレース」と「チャット」を追加した。トラック&トレースは移動中の貨物を追跡する機能で、書類の提出状況や出荷指示、VGM(総重量確定情報)なども確認できる。チャット機能は、ONEのカスタマーサービスにアクセスするためのもの。同社は「ONEと顧客の距離を縮める」としている。同社のアプリは、取引