国際航空貨物、成田で一部受諾停止


これまで関空発着貨物の代替機能を担っていた成田の主要空港の処理力が限界に達している。成田では台風翌週の9月11日頃から代替貨物の搬出入が激増し、今週初めには日本航空が輸入貨物の受託を停止した。3連休前の14日には輸出入貨物の滞留が深刻化。特に、連休で引き取りが少なくなる輸入貨物は、航空機から取り降ろし後に上屋へ入れられないほどの物量に膨れ上がった。航空各社は発地で搭載量を減らすなどして物量を調整してきたが、日本航空(JAL/JL)が17日到着分から成田向けの輸入貨物の受託を停止した。 日本航空(JAL/JL) が輸入上屋業務を請け負う複数社の外国航空会社分も取り扱えなくなっている。これを受け、同様に逼迫していた他社や羽田に貨物が流れ込み、今後ドミノ倒しのように受託停止が拡大しそうだ。

関空では日本航空(JAL/JL)、全日本空輸(ANA/NH)の受諾が再開されているが、取扱量の完全な回復までには時間を要する見込み。主要空港の処理力低下が長引くと、すでに減少基調となっている日本発着の航空貨物の総量はさらに減少に向かう。


27回の閲覧

最新記事

すべて表示

ANAの貨物部門、売上過去最高

ANAホールディングス(NH/ANA)の2021年3月期の連結決算によると、貨物部門のANAカーゴが過去最高の1605億円(前期比+56.3%)を記録した。旅客便の運休・減便により国際線貨物輸送重量が65.5万㌧(-24.4%)に減少したものの、需給のひっ迫によって運賃が高騰したことによる。前期は、第1四半期にマスクなど緊急物資の輸送需要が増加し、8月以降は自動車関連部品や半導体、電子機器などの需

米国航空3社の2021年1~3月期貨物事業収入8割増

デルタ航空(DL/DAL)、アメリカン航空グループ(AA/AAL)、ユナイテッド航空ホールディングス(UA/UAL)の米国大手航空3社の2021年1~3月期の貨物事業収入は10億2700万ドル(前年同期比+82.4% )と大幅に増加した。前年同期はすでに新型コロナ禍による旅客便運休・減便による供給スペース減も発生していた。2020年春以降に医療関連物資などの緊急輸送需要もあったほか、旅客機貨物便が

MSC、アジアーヨーロッパでシー&レール開始

MSCはアジアと欧州を結ぶ新たな海上・鉄道複合輸送サービスを開始した。日本・中国・韓国などからの貨物を、欧州各地へインターモーダル輸送するサービスは、すでにAPモラー・マースクなどが提供している。ロシアでの陸上輸送については、APモラー・マースクがすでに実施している「AE19」と同様に、鉄道で極東のボストチヌイなどから西部のサンクトペテルブルクまでを結ぶ。サンクトペテルブルクからはフィーダー船によ