国際航空貨物、成田で一部受諾停止


これまで関空発着貨物の代替機能を担っていた成田の主要空港の処理力が限界に達している。成田では台風翌週の9月11日頃から代替貨物の搬出入が激増し、今週初めには日本航空が輸入貨物の受託を停止した。3連休前の14日には輸出入貨物の滞留が深刻化。特に、連休で引き取りが少なくなる輸入貨物は、航空機から取り降ろし後に上屋へ入れられないほどの物量に膨れ上がった。航空各社は発地で搭載量を減らすなどして物量を調整してきたが、日本航空(JAL/JL)が17日到着分から成田向けの輸入貨物の受託を停止した。 日本航空(JAL/JL) が輸入上屋業務を請け負う複数社の外国航空会社分も取り扱えなくなっている。これを受け、同様に逼迫していた他社や羽田に貨物が流れ込み、今後ドミノ倒しのように受託停止が拡大しそうだ。

関空では日本航空(JAL/JL)、全日本空輸(ANA/NH)の受諾が再開されているが、取扱量の完全な回復までには時間を要する見込み。主要空港の処理力低下が長引くと、すでに減少基調となっている日本発着の航空貨物の総量はさらに減少に向かう。


27回の閲覧

最新記事

すべて表示

北米港湾の混雑継続、鉄道も貨物滞留

ONEは北米の西岸と東岸、内陸におけるコンテナ輸送の混雑状況について発表した。米国時間の1日時点で、西海岸ではロサンゼルス(ロングビーチ)で65隻、シアトル(タコマ)で12隻、バンクーバーで3隻が、東海岸ではジョージア州のサバンナで26隻のコンテナ船が待機中という。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的なEC利用拡大で、アジアから北米への海上輸送の玄関口である米国西海岸の港湾では、コンテナ取扱量

マースク、オランダのECサービス企業を買収

A.P.モラー・マースク(デンマーク)は、ECサービス事業を展開するB2Cヨーロッパ・ホールディングス(オランダ)の買収が完了した。B2Cヨーロッパ社は小包の集荷や仕分け、ラベリングなどのサービスを提供。ヨーロッパ35か国の100以上の運送業者と提携し、ラストワンマイル配送のネットワークを拡大している。オランダ、フランス、英国、スペインに加えて、中国にもオフィスを構える。強みを持つ海運事業に加えて

フェデックスが配送料金値上げ、コスト増反映

フェデックスコーポレーションは傘下のフェデックスエクスプレス、フェデックスグラウンド、フェデックスフレイトの3社が来年1月3日から配送料金を引き上げると発表した。フェデックスエクスプレスは米国国内、米国からの輸出・輸入サービスを対象に、平均5.9%値上げする。フェデックスグラウンドとフェデックスホームデリバリーの値上げ幅も5.9%となる見通し。フェデックスフレイトはサービスによって平均5.9%と7