成田空港の航空貨物積込量(7月)、回復傾向 Narita Airport air cargo loading (July) is on a recovery trend

東京税関によると、7月の成田空港の国際航空貨物取扱量は、積込量が6万5181㌧(前年同月比-19.8%)、取卸量が8万8500㌧(-4.2%)で、総取扱量は15万3681㌧(-11.5%)だった。新型コロナウイルスの影響で、積込量は5か月連続減少、取卸量は4か月連続減少したが、積込量は2か月連続で前月実績を上回り、前年同月実績と比べたマイナス幅も縮小傾向にある。

According to Tokyo Customs, the volume of international air cargo handled at Narita Airport in July was 65,181 tons (-19.8% year-on-year), and 88,500 tons (-4.2%) for unloading. The total amount handled was 153,681 tons (-11.5%). Due to the influence of the new coronavirus, the loading amount decreased for 5 consecutive months and the unloading amount decreased for 4 consecutive months, but the loading amount exceeded the previous month's results for 2 consecutive months and decreased compared to the same month of the previous year. The width is also shrinking.

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

日通総研が2020年度貨物輸送見通しを発表 Nittsu Research Institute Announces 2020 Freight Transport Outlook

日通総合研究所は、「2020年度の経済と貨物輸送の見通し(改訂)」で外貿コンテナ貨物と国際航空貨物の輸出がともに2年連続でマイナスを記録するとの予測を明らかにした。外貿コンテナ貨物の輸出は9.2%の減少を予測。特に4-6月期はコロナ・ショックによる下押しで、前期からマイナス幅が大幅に拡大した。海外の設備投資需要は回復の勢いが弱く、機械類は低調な荷動きが続き、前年度水準を下回るという。国際航空貨物の

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.