国交省、海上コンテナ輸送逼迫対応で協力要請 MLIT requested cooperation to deal with tight sea container transportation

国土交通省は、荷主や物流・船社・港湾関係団体に対し、世界的な国際海上コンテナ輸送の需給逼迫への対応に関する協力要請を発出した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的なロックダウンで国際貿易は一時的に縮小したが、その後、急速に輸送需要が回復。海外主要港で滞船、実入りコンテナの搬出や空コンテナの返却の遅れが生じ、世界的に空コンテナが不足して輸送力が落ち込んでいる。具体的には実入り輸入コンテナの早期引き取り、空コンテナの早期返却などを要請。輸送コストの上昇分をフォワーダーなどとの取引価格への転嫁することにも理解を求めた。外航コンテナ船社に対しては臨時船の運航、日本発着貨物へのスペースの割当の確保、コンテナの新規調達の増加の検討を含め、日本発着貨物の国際海上コンテナ輸送力の増強、空コンテナの確保のための「最大限の努力」を促している。

The Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism has issued a request to shippers, logistics, shipping companies, and port-related organizations for cooperation in responding to the tight supply and demand of international sea container transportation worldwide. International trade temporarily contracted due to a global lockdown caused by the spread of the new coronavirus infection, but transportation demand recovered rapidly thereafter. Due to delays in shipping, carrying out actual containers and returning empty containers at major overseas ports, there is a global shortage of empty containers and the transportation capacity is declining. Specifically, we request the early collection of actual imported containers and the early return of empty containers. We also asked for understanding to pass on the increase in transportation costs to the transaction price with forwarders. For ocean-going container shipping companies, increase the international sea container transportation capacity of cargo departing from and arriving in Japan, including the operation of temporary vessels, securing space allocation for cargo arriving and departing from Japan, and considering increasing new procurement of containers, empty containers We are encouraging "maximum efforts" to secure.

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

スエズ運河で座礁のコンテナ船離礁 A stranded container ship has left the Suez Canal

スエズ運河で座礁していたコンテナ船は、現地時間29日早朝、離礁に成功した。同船は日本時間29日夕に移動を開始し、運河途中の湖に到着後、運河の通航が再開される見通し。ただ、運河両端では既に450隻を超える滞船が発生しており、全て通過するまでどのくらいの時間を要するかは不明。20隻以上のコンテナ船が喜望峰ルートへ切り替えている。スケジュールの影響は避けられないという。 A container ship

スエズ運河コンテナ船座礁対応難航、321隻待機 321 ships on standby as Suez Canal container ship stranding

スエズ運河で、現地時間3月23日午前に発生した超大型コンテナ船の座礁について大きな進展は出ていない。船を所有する正栄汽船は26日、日本時間の27日夜の離礁を目指すと発表していたが、現地の管理当局は27日午後の会見で通航再開の目処について明言しなかった。運河内や周辺で待機している船の数は321隻にのぼり、物流への影響が深刻化することが懸念される。また、座礁の原因については強風だけではないと指摘し、技

スエズ運河コンテナ船座礁 27日夜離礁を目指す Container Ship Runs aground in Suez Canal, Attempting to Break Free on 27th

スエズ運河で、2万4000TEU型コンテナ船「エバーギブン」が座礁して運河をふさぎ、通行不能が続いている。 船を所有する正栄汽船は日本時間の27日夜の離礁を目指すと発表した。タグボート10隻を投入したものの離礁できず、さらに大型船2隻を投入する計画。現地では作業が長期化するという懸念も上がっている。 The 24,000 TEU container ship "Evergiven" has run