ルフトハンザカーゴ(LCAG/LF)、危険品申告書の電子化に向けて試験運用


9月13日、ルフトハンザカーゴ(LCAG/LF)は、世界で初めて、危険物申告書(DGD)を電子化する「eDGD」をメキシコシティ向けLH8222便で試験運用した。当該貨物は独ヴィースバーデンを拠点とするグローバルヘルスケア企業、アボットの貨物。

従来、危険品の取り扱いは書類で行われ、電子化標準が存在しなかった。DGDは通常書類で運用され、空港で、荷主からDGDを受け取る。そのため、航空会社は書類受託以降のタイミングでしかその内容を確認できず、不備があっても修正が間に合わず搭載予定便に載せられなくなることがある。(リジェクト)新しい電子システムにより航空会社は、貨物受託前の段階で書類の不備を検出、修正することができる。将来的に、リジェクト貨物の件数削減、プロセス向上やリソースの最適利用にもつながる。


39回の閲覧

最新記事

すべて表示

ANAの貨物部門、売上過去最高

ANAホールディングス(NH/ANA)の2021年3月期の連結決算によると、貨物部門のANAカーゴが過去最高の1605億円(前期比+56.3%)を記録した。旅客便の運休・減便により国際線貨物輸送重量が65.5万㌧(-24.4%)に減少したものの、需給のひっ迫によって運賃が高騰したことによる。前期は、第1四半期にマスクなど緊急物資の輸送需要が増加し、8月以降は自動車関連部品や半導体、電子機器などの需

米国航空3社の2021年1~3月期貨物事業収入8割増

デルタ航空(DL/DAL)、アメリカン航空グループ(AA/AAL)、ユナイテッド航空ホールディングス(UA/UAL)の米国大手航空3社の2021年1~3月期の貨物事業収入は10億2700万ドル(前年同期比+82.4% )と大幅に増加した。前年同期はすでに新型コロナ禍による旅客便運休・減便による供給スペース減も発生していた。2020年春以降に医療関連物資などの緊急輸送需要もあったほか、旅客機貨物便が

MSC、アジアーヨーロッパでシー&レール開始

MSCはアジアと欧州を結ぶ新たな海上・鉄道複合輸送サービスを開始した。日本・中国・韓国などからの貨物を、欧州各地へインターモーダル輸送するサービスは、すでにAPモラー・マースクなどが提供している。ロシアでの陸上輸送については、APモラー・マースクがすでに実施している「AE19」と同様に、鉄道で極東のボストチヌイなどから西部のサンクトペテルブルクまでを結ぶ。サンクトペテルブルクからはフィーダー船によ