航空混載、大手5社のシェアが最高水準 Largest share of aviation consolidated, major 5 companies

航空貨物スペースが縮小する中、日本発輸出での大手フォワーダーのシェアが拡大している。4月の航空輸出混載重量における大手5社(日本通運、近鉄エクスプレス、郵船ロジスティクス、西日本鉄道国際物流事業本部=にしてつ、阪急阪神エクスプレス)のシェアは63.2%と、2015年以降最高を記録した。航空会社運賃が高騰し、交渉力や資金力のある大手に貨物が集中していると見られる。


While the air cargo space is shrinking, the share of major forwarders in exports from Japan is expanding. In April, five major companies (Nippon Express, Kintetsu Express, Yusen Logistics, Nishinihon Railway International Logistics Business Division = Nishitsu, Hankyu Hanshin Express) had a share of 63.2%, the highest since 2015, in terms of combined air export weight. Airline fares are skyrocketing, and it seems that cargo is concentrated at large companies with bargaining power and financial strength.

18回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 18

欧州(前週比+4.9%)、北米西岸経由(+1.2%)、 北米東岸経由(+8.1%) で増加。 韓国(-5.4%) は減少。

日本発航空輸出混載貨物実績(3月)

3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万3236㌧(前年同月比+63.4%)、件数が26万9240件(+23.9%)だった。年度末の需要増加により、海上貨物の混乱で貨物がさらに増加し、2月からも1万8000㌧超増えた。 重量は4カ月連続の増加で、 新型コロナウイルス禍のスペース不足が続く中、記録的な高水準となった。