近鉄エクスプレス決算発表、コロナ長期化対応でキャリア関係強化図る Kintetsu Express aims to strengthen career relationship

近鉄エクスプレスの2020年3月期通期連結決算は、売上高が5445億円(前期比-8.0%)、営業利益が197億円(-5.2%)、経常利益が174億円(-12.6%)、純利益が47億2400万円(-52.1%)。第4四半期に日本、米州、東アジア・オセアニアの各セグメントで直接原価率の改善などもあったが、年度を通じた世界的な輸送需要の落ち込みで減収減益だった。純利益は、APLロジスティクス(APLL)基幹業務システムの再構築に係る減損損失の計上で大幅減だった。 2021年3月期の予想は、新型コロナの影響で事業環境が先行き不透明となっていることから見送った。今後は、新型コロナウイルスの影響の長期化で輸送スペースの需給不均衡が継続する可能性があるとしている。航空会社、船社との関係強化や、グループでのスケールメリットを生かした集中購買体制の強化を図り、対応するとしている。

Kintetsu Express's consolidated financial results for the fiscal year ending March 31, 2020, sales were 544.5 billion yen (-8.0% YoY), operating income was 19.7 billion yen (-5.2%), and ordinary income was 17.4 billion yen (-12.6%). , Net income was 4,724 million yen (-52.1%). Although there was an improvement in the direct cost ratio in each segment of Japan, the Americas, and East Asia / Oceania in the fourth quarter, sales and profits declined due to the drop in global transportation demand throughout the year. Net income was significantly lower due to the recording of an impairment loss related to the restructuring of APL Logistics (APLL) core business system. The forecast for the fiscal year ending March 2021 has been postponed because the business environment is uncertain due to the impact of the new Corona. In the future, the long-term effect of the new coronavirus may lead to a continued supply-demand imbalance in transportation space. The company plans to respond by strengthening relationships with airlines and shipping companies and strengthening the centralized purchasing system that takes advantage of the scale of the group.

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

中国日通、高麗海運と覚書ドア・ツー・ドアサービスの商品化を目指す

日本通運の中国法人である日通国際物流が、韓国の高麗海運(KMTC)の中国本社となる高麗海運(上海)とドア・ツー・ドア一貫輸送サービスの商品化を目的とした覚書を締結した。高麗海運(上海)は、韓国2位、世界14位の船腹量を保有するKMTCの中国法人として1944年に設立され、主に中国発着のアジア域内海上コンテナ輸送サービスを提供している。両社は今回の覚書を通じて、まずは中国・日本間の海上輸送ドア・ツー

2020年度下期複合輸送、輸出入合計7%増と急回復

国際フレイトフォワーダーズ協会(JIFFA)によると2020年度下期の国際複合輸送実績は、輸出が99万6446TEU(前年同期比+2.2%)、輸入が157万9122TEU(+10.2%)、輸出入合計が257万5568TEU(+7.0%)だった。レベニュートンベースでは、輸出が2456万5000㌧(+ 9.1%)で2018年度上期の水準まで回復し、輸入も3595万1000㌧(+ 5.2%)と、輸出入

日本発航空輸出混載貨物実績(4月)

4月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万481㌧(前年同月比+104.0%)、件数が25万3455件(+40.8%)だった。 重量は5カ月連続の増加。