関西エアポート、災害タスクフォース立ち上げ


9月28日、関西国際空港を運営する関西エアポートは、台風 21 号による被害について十分に検証し、今後の防災計画を策定するため、災害対策タスクフォースを立ち上げたことを発表した。タスクフォースでは護岸・地下施設の調査・分析、危機管理体制の見直しを行う。国土交通省による「全国主要空港における大規模自然災害対策に関する検討委員会」と連携し、検証・対策を進めていく。そのほか必要性があれば随時検討するという。

On September 28, Kansai Airport, which operates Kansai International Airport, announced that it had established a disaster response task force to fully verify the damage caused by Typhoon 21 and to formulate a disaster prevention plan for the future. The Task Force conducts surveys and analyses of seawalls and underground facilities, and reviews the crisis management system. The Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism will cooperate with the "Investigative Committee on Large-scale Natural Disaster Countermeasures at Major Airports in Japan" to carry out verification and countermeasures. In addition, if necessary, it will be examined from time to time.


13回の閲覧

最新記事

すべて表示

スエズ運河で座礁のコンテナ船離礁 A stranded container ship has left the Suez Canal

スエズ運河で座礁していたコンテナ船は、現地時間29日早朝、離礁に成功した。同船は日本時間29日夕に移動を開始し、運河途中の湖に到着後、運河の通航が再開される見通し。ただ、運河両端では既に450隻を超える滞船が発生しており、全て通過するまでどのくらいの時間を要するかは不明。20隻以上のコンテナ船が喜望峰ルートへ切り替えている。スケジュールの影響は避けられないという。 A container ship

スエズ運河コンテナ船座礁対応難航、321隻待機 321 ships on standby as Suez Canal container ship stranding

スエズ運河で、現地時間3月23日午前に発生した超大型コンテナ船の座礁について大きな進展は出ていない。船を所有する正栄汽船は26日、日本時間の27日夜の離礁を目指すと発表していたが、現地の管理当局は27日午後の会見で通航再開の目処について明言しなかった。運河内や周辺で待機している船の数は321隻にのぼり、物流への影響が深刻化することが懸念される。また、座礁の原因については強風だけではないと指摘し、技

スエズ運河コンテナ船座礁 27日夜離礁を目指す Container Ship Runs aground in Suez Canal, Attempting to Break Free on 27th

スエズ運河で、2万4000TEU型コンテナ船「エバーギブン」が座礁して運河をふさぎ、通行不能が続いている。 船を所有する正栄汽船は日本時間の27日夜の離礁を目指すと発表した。タグボート10隻を投入したものの離礁できず、さらに大型船2隻を投入する計画。現地では作業が長期化するという懸念も上がっている。 The 24,000 TEU container ship "Evergiven" has run