6月フォワーダーランキング(国際航空貨物取扱量) June Forwarder Ranking (International Air Cargo Handling Volume)

6月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で12,760㌧(前年同月比-27.4%)、2位は近鉄エクスプレス9,090㌧(-19.7%) 、3位は郵船ロジスティクス5,710㌧(-38.1%) 、4位は阪急阪神エクスプレスは2,225㌧(-46.4%) 5位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)3,085㌧ (-31.1%)だった。業界全体では51,853㌧(-66.7%)となっている。 

Japan's international air cargo handling capacity forwarder rankings for June were revealed. Nippon Express ranked first at 12,760 tons (-27.4% year-on-year), second at Kintetsu Express 9,090 tons (-19.7%), third at Yusen Logistics 5,710 tons (-38.1%), and fourth at Hankyu Hanshin Express. 2,225 tons (-46.4%) was 5th place at West Japan Railway International Logistics Operations Headquarters (3,085 tons) (-31.1%). It is 51,853 tons (-66.7%) for the entire industry.

101回の閲覧

最新記事

すべて表示

日通、中国・蘇州―ベトナム・ハノイで鉄道輸送サービス開始 Nittsu Launches Rail Transport Service between Suzhou and Hanoi

日本通運東アジアブロックが、中国・蘇州(江蘇省)発ベトナム・ハノイ向けクロスボーダー鉄道輸送サービスを開始した。中国華東地区とベトナム北部のいずれも電子機器・部品関連を中心とする製造業集積地を結び、リードタイムは8~10日。中国発アセアン向け海上輸送もスペースと空コンテナが不足し、運賃が高止まりする。代替輸送需要を見込み、BCP(事業継続計画)に対応する新サービスを開発したという。 Nippon

1月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) Forwarder Ranking in January (International Air Cargo Handling Volume)

1月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で22,572㌧(前年同月比+50.0%)、2位は近鉄エクスプレス12,726㌧(+25.4%) 、3位は郵船ロジスティクス11,908㌧(+46.0%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)5,103㌧ (+42.3%)、5位は阪急阪神エクスプレスは4,961㌧(+49.5%)だった。前月に続き、全社前

キューネ・アンド・ナーゲル、中国フォワーダーを買収 Kuehne+Nagel acquires a Chinese Forwarder

キューネ・アンド・ナーゲルは中国大手航空フォワーダーであるエイペックス・インタ-ナショナル(Apex)の買収を発表した。Apexの2020年の取り扱い実績は航空貨物75万㌧、海上貨物19万TEUで。中国国際貨運代理協会がまとめた同国フォワーダーランキング(2019年)では航空貨物事業で第4位にランクインしている。 Kuehne+Nagel has announced the acquisition

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.