日本発航空貨物運賃、2~5倍で高止まり Japan air freight fares remain high at 2-5 times

新型コロナウイルスの影響により、航空貨物スペースの縮小が続いている。全方面で供給が不足しており、フォワーダーは輸送案件ごとに都度、航空会社と運賃交渉を行っている。コロナ禍で通常、夏季スケジュールが始まる前に決着する航空会社の入札が休止となっており、フォワーダーそれぞれが持つ長期契約運賃が使用できない状況となっているためだ。また、需給が日々変化しており、運賃も乱高下している。日本発でのスポットでの航空会社運賃の相場は、例年に比べて2~5倍に高騰し、高止まりの状況。特に欧米向けの長距離路線や東南アジア、南アジアの路線の高騰が深刻となっている。

Air cargo space continues to shrink due to the impact of the new coronavirus. Due to lack of supply in all areas, forwarders negotiate fares with airlines for each transport case. This is because the auction of airlines that normally settle before the start of the summer schedule in Corona is suspended, and the long-term contract fares of each forwarder cannot be used. Moreover, supply and demand are changing daily, and fares are fluctuating. The market price of airline fares at spots departing from Japan has been 2 to 5 times higher than usual and remains high. In particular, soaring long-haul routes to Europe and the United States, and Southeast Asian and South Asian routes are becoming serious issues.

20回の閲覧

最新記事

すべて表示

アジア向け航空運賃、半導体と春節で2倍に Airfares to Asia doubled due to semiconductors and Chinese New Year

中華圏の春節(旧正月)を控え、日本発アジア向けの航空貨物スポット運賃が高騰している。東アジア向けでは半導体関連など輸出需要が好調の中、春節前の駆け込み需要もあり、年明け以降、例年の2倍以上に急騰。春節以降も活況な荷動きが続き、スポット運賃は高止まりが続く見込み。 Air freight spot fares from Japan to Asia are skyrocketing ahead of

日通総研、2021年度の外貿コンテナ・航空輸出はプラス成長を予測 Positive growth in foreign trade container and air exports in 2021

日通総合研究所の「2020・21年度の経済と貨物輸送の見通し」によると、2021年度日本発外貿コンテナ輸出量は468万TEU(前年度比+6.5%)、航空輸出重量は103万㌧(+12.8%)といずれもプラス成長となる見通しだ。航空輸出はコロナ前と同程度の水準に戻ると予想されている。 According to the Nittsu Research Institute's "Economic and

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.