9月の国際航空貨物量、台風の影響で関空4万トン減


10月4日、東京、大阪税関などが9月の主要5空港の国際航空貨物取扱量の速報を発表した。同月の関西国際空港の総取扱量は2万9474トンと、前年同月比で60%減少した。台風21号の影響で9月4日から国際貨物地区の機能が停止、停滞したため。関空は台風の直撃まで月間平均7万トンの取り扱いがあったが、約4万トンの減少となった。これを成田や羽田、中部が代替したが、関空発着の貨物需要を補いきれず、3空港の合計取扱量は8月から計3万トンの増加にとどまった。9月の5空港の合計取扱量は13%減の30万5427トンと、8月から減少幅を大きく拡大した。


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

SCFI Summary week 1

北米西岸経由(前週比+1)、 北米東岸経由(+21) 、 欧州(+360)で増加。釜山(±0)は横ばい。 The Shanghai Containerized Freight Index as of 8th of January increased via the west coast of North America (+1 compared to the previous week), via

日本発航空輸出混載貨物実績(11月) Air cargo exporting from Japan results (November)

2020年11月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が7万6163㌧(前年同月比-3.4%)、件数が21万5358件(-13.1%)だった。 重量は10月に23カ月ぶりの前年超えを記録していたが、再びマイナスに転じた。台湾が2割減となるなどTC3向けが10月に比べて落ち込んだ。一方、輸入件数はほぼ横ばいながら14カ月ぶりにプラスに転じた。 In November 2020, the actual

SCFI Summary week 52

北米西岸経由(前週比+180)、 北米東岸経由(+3) 、 欧州(+673)で増加。釜山(±0)は横ばい。 The Shanghai Containerized Freight Index as of 25th of December increased via the west coast of North America (+180 compared to the previous week)

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.