IEC started reefer consolidated service


International Express (IEC), which is strengthening its marine refrigeration and transportation services, began offering reefer consolidated services to Hong Kong and Taiwan from Tokyo at the end of July. In September, Osaka obtained permission to handle marine cargo at the Nanport Logistics Center in Suminoe Ward, and is proceeding with the construction of services. Delivered from Tokyo, Reefer Containers provide mixed loading service weekly for Hong Kong and biweekly for Taiwan. The banning is carried out in the company's own warehouse in Tokyo and Oi. Despite the presence of forwarders that provide mixed sea refrigeration services, most of them are irregular due to difficulties in securing quantities. For Ogawa Senior Executive Officer "We want to capture demand and continue to offer services," he says. In the new medium-term management plan as well, the company intends to expand the volume of its products. Firstly, the company intends to strengthen its quality and expand its service menu.


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

郵船ロジ、北米向け自動車関連で航空輸出過去最高

郵船ロジスティクスの3月の日本発国際航空貨物取扱量は17,219㌧と、統合による会社発足後過去最高を記録した。北米向けの自動車関連緊急輸送需要を取り込んだことによる。成田発で米国や欧州に毎週ベリーチャーターを継続しており、ボリュームを生かした購買力で安定的にスペースを確保、運賃マーケットが高い中でも競争力ある航空輸送商品を提供している。事業や地域を超えた部門間の連携で、過去最高の物量も円滑なオペレ

2021年3月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) 

2021年3月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で28,556㌧(前年同月比+83.9%)、2位は郵船ロジスティクスで17,219㌧(+103.0%) 、3位は近鉄エクスプレスで16,443㌧(+44.2%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で5,903㌧ (+48.3%) 、5位は 阪急阪神エクスプレスは5,888㌧(+59.9%)とな

日通 2020年度の航空輸出貨物取扱はプラス成長

日本通運が発表した国際航空貨物取扱実績によると、2020年度の日本発輸出混載重量は22万2247㌧(前年度比+8.7%)となった。コロナ禍による影響により、8月までは前年同月に比べてマイナスが続いたものの、9月以降はプラスに転じた。輸入通関件数は40万2328件(-12.6%)だった。なお、3月単月の輸出重量は2万8556㌧(前年同月比+83.9%)で7か月連続のプラスとなり、9月以降では最も大き