IATA予測、貨物輸送運賃単価3割上昇を見込んで売上高8%増の12兆円

国際航空運送協会(IATA)は2020年における航空業界の貨物売上高が1108億ドル(前年比+8.2%)になるとの予測を公表した。貨物輸送量は約5100万トン(-17.8%)の見通し。新型コロナウイルス感染拡大および渡航制限・移動自粛に伴う旅客便の運休・減便により、ベリースペースが減少。貨物運賃単価は約30%の伸びが見込まれるという。IATAのアレクサンドル・ドジュニアック事務総長兼CEOは同日の会見で「貨物事業に関しては医療機器やeコマース(EC)といった品目の世界的な輸送需要が高まりを見せた。今年4月はロードファクターが向上するなど、貨物事業の売上が非常に高い水準に達した」と説明した。

The International Air Transport Association (IATA) has announced a forecast for aviation industry cargo sales of $110.8 billion (+8.2% YoY) in 2020. The freight volume is expected to be approximately 51 million tons (-17.8%). Due to the spread of new coronavirus infection and suspension/reduction of passenger flights due to travel restrictions and voluntary refraining from travel, belly space decreased. The freight unit price is expected to grow by about 30%. IATA's Secretary-General and CEO Alexandre Douniak said at a conference on the same day, "In the freight business, global transportation demand for items such as medical devices and e-commerce (EC) has increased. The load factor will improve in April this year. As a result, the sales of the freight business have reached a very high level.”

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 40

欧州(前週比+2.7%)、北米東岸経由(+7.0%)、韓国(+0.2%)で増加。北米西岸経由(-3.7%)は減少。 Europe (+2.7%), North America via East Coast (+7.0%), and South Korea (+0.2%) increased. Traffic via the west coast of North America (-3.7%)

日本発航空輸出混載貨物実績(21年8月)

8月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が8万9012㌧(前年同月比+59.1%)、件数が21万1487件(+21.9%)だった。重量は9カ月連続の前年超え。 Airfreight consolidation shipments from Japan in August totaled 89,012 tons (up 59.1% y-o-y) and 211,487 cases (up 21.9%

北米向け航空運賃、長期契約運賃は倍のケースも

日本発北米向けの航空貨物運賃が高騰している。直近の日本発の需要は年初~春頃に比べて落ちついているものの、中国や他のアジア発運賃が上昇しているため引きずられて上昇した格好だ。スポットレート、ファイルレート(長期契約運賃)ともに上昇しており、ファイルレートについてはフォワーダーと航空会社の契約によって異なるものの、10月の改定では夏季ダイヤ開始時点から倍となったケースもあったようだ。新型コロナウイルス