日立物流・SGHD提携変更、国際物流が課題 Hitachi Transport System and SG Holdings change partnership

日立物流とSGホールディングスは、株式持分比率と資本業務提携契約を変更する。2016年3月の契約締結時、両者経営統合で売上高1兆6300億円(単純合算、当時)となり、国内では日本通運に次ぐ物流企業誕生へと注目を集めた。両者は「協創」での価値創出に取り組み、国内では一定の成果を挙げる一方、国際物流では両者とも得意とする国・地域、産業、サービスが大きく異なり、限定的だった。国際物流での成長戦略は、課題として引き続き残ることになる。


Hitachi Transport System and SG Holdings will change their shareholding ratio and capital and business alliance agreement. When the contract was signed in March 2016, the business integration of the two companies resulted in sales of 1,630 billion yen (simple total, at that time), attracting attention for the birth of a logistics company next to Nippon Express in Japan. Both of them worked on value creation through "co-creation" and achieved some results in Japan, but in international logistics, the countries / regions, industries, and services that they are good at were very different and limited. Growth strategies in international logistics will remain an issue.

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

9月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) September Forwarder Ranking (International Air Cargo Handling Volume)

9月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で17,470㌧(前年同月比+7.8%)、2位は近鉄エクスプレス10,313㌧(-15.1%) 、3位は郵船ロジスティクス8,715㌧(-25.1%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)3,706㌧ (-15.1%)、5位は阪急阪神エクスプレスは3,176㌧(-16.8%)だった。日通は21ヶ月ぶりに前

日通、来年4月から電子契約サービスを全社導入 Nippon Express will introduce electronic contract service from April 2021

日本通運はテレワークや事務プロセスの改革を進めるため、2021年4月から電子契約を全社規模で導入する。子会社のワンビシアーカイブズがGMOグループと協業して開発・提供する電子契約・契約管理サービスの「ワンサイン」を採用するもので、電子署名・電子サインに対応している。一部のエリア支店では導入済み。自社支店と協力会社・取引先を含め、電子取引の拡大を進めるという。 Nippon Express will

CMA-CGM、システム障害未だ復旧せず CMA CGM is still struggling to get all its systems back online

CMA CGMが 9月28日にサイバー攻撃を受けてから10日以上経過したが、依然としてシステム障害は解消せず、eコマースウェブサイトは引き続き利用できない状況が続いている。その代わりに、既存顧客に対しては代替手段をウェブサイト上に公開しており、ツイッターを利用した対応も行っている。 More than 10 days have passed since CMA CGM was hit by a c

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.