コンテナ運賃が上海発北米向けで最高値 Highest container fare from Shanghai to North America

中国から米国に向かう海上コンテナのスポット運賃が2009年の調査開始以来の最高値を更新した。上海発米西海岸向け運賃は7月3日時点で40ftコンテナ1個2920ドル。安値が続いていた4月下旬から約2倍となり、これまでの最高値だった2012年8月の2782ドルを上回った。運賃は中国・上海航運交易所が調査している。新型コロナウイルスの影響で輸送需要は減少したが、海運各社の減便でスペース需給が締まった。

The spot fare for sea containers from China to the US has reached a new high since the start of the 2009 survey. The fare from Shanghai to the US West Coast is $2,920 per 40ft container as of July 3. The price has doubled since late lows in late April, surpassing the previous high of $2,782 in August 2012. The fares are being investigated by the China-Shanghai Shipping Exchange. Demand for transportation decreased due to the impact of the coronavirus, but supply and demand for space was tightened due to a reduction in flights by shipping companies.

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 40

欧州(前週比+2.7%)、北米東岸経由(+7.0%)、韓国(+0.2%)で増加。北米西岸経由(-3.7%)は減少。 Europe (+2.7%), North America via East Coast (+7.0%), and South Korea (+0.2%) increased. Traffic via the west coast of North America (-3.7%)

日本発航空輸出混載貨物実績(21年8月)

8月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が8万9012㌧(前年同月比+59.1%)、件数が21万1487件(+21.9%)だった。重量は9カ月連続の前年超え。 Airfreight consolidation shipments from Japan in August totaled 89,012 tons (up 59.1% y-o-y) and 211,487 cases (up 21.9%

北米向け航空運賃、長期契約運賃は倍のケースも

日本発北米向けの航空貨物運賃が高騰している。直近の日本発の需要は年初~春頃に比べて落ちついているものの、中国や他のアジア発運賃が上昇しているため引きずられて上昇した格好だ。スポットレート、ファイルレート(長期契約運賃)ともに上昇しており、ファイルレートについてはフォワーダーと航空会社の契約によって異なるものの、10月の改定では夏季ダイヤ開始時点から倍となったケースもあったようだ。新型コロナウイルス