緊急事態宣言解除のフォワーダー営業体制 Forwarder normal operation is not expected immediately

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全国で解除され、フォワーダーも今後の営業・業務体制について方針を順次策定している。荷役や通関などの現場以外の事務所ではオフィス出社率を引き上げ、これまで推奨していた在宅勤務体制を段階的に緩和するところもあるが、第2波や感染リスクに備えて当面、延長するというとこもあり、会社によって対応が分かれている状況だ。日本通運は本社や一部部署で出社率30%以下を目標に在宅勤務を行っており、5月中は継続。近鉄エクスプレスは7月1日から通常の体制に戻す予定。 西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)は、27日よりオフィス出社率の目安を60%から80%に変更する。 阪急阪神エクスプレスは顧客対応と社員の安全を優先し、個々の部署で調整しながらリモートワークや計画休業を実施。全面解除後も、感染リスクの観点から引き続きリモートワークの推奨に努める。各社対応の違いはあるものの、早急に在宅勤務を止めて、通常の勤務体制に戻すというところはみられない。

The emergency declaration regarding the new coronavirus has been lifted nationwide, and forwarders are also formulating policies for future sales and business systems. Some offices other than on-site offices such as cargo handling and customs clearance will raise the office attendance rate and gradually relax the work-at-home system that has been recommended until now, but will be extended for the time being in preparation for the second wave and infection risk. Therefore, the situation is different depending on the company. Nippon Express is working from home with the goal of having a company attendance rate of 30% or less at the head office and some departments, and will continue during May. Kintetsu Express plans to return to the normal system from July 1. West Japan Railways International Logistics Business Division (Nishitsu) will change the standard of office attendance rate from 60% to 80% from the 27th. Hankyu Hanshin Express gives priority to customer support and employee safety, and implements remote work and planned closures while coordinating individual departments. Even after the total cancellation, we will continue to recommend remote work from the perspective of infection risk. Although there are differences in how each company responds, there is no such thing as urgently stopping working from home and returning to the normal work system.

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

DSVパナルピナ、アジリティの商業貨物部門買収

DSVパナルピナは、中東系物流大手アジリティの一般商業貨物部門アジリティ・グローバル・インテグレーテッド・ロジスティクス(アジリティGIL)の買収を発表した。買収額は42億ドル。アジリティGILの業績を合わせたDSVパナルピナの事業規模は、売上高約220億ドル、従業員7万人以上に拡大し、売上高でDBシェンカーを抜き世界3位の3PL企業となる。フォワーディングの取扱量は航空貨物160万㌧以上、海上貨

郵船ロジ、北米向け自動車関連で航空輸出過去最高

郵船ロジスティクスの3月の日本発国際航空貨物取扱量は17,219㌧と、統合による会社発足後過去最高を記録した。北米向けの自動車関連緊急輸送需要を取り込んだことによる。成田発で米国や欧州に毎週ベリーチャーターを継続しており、ボリュームを生かした購買力で安定的にスペースを確保、運賃マーケットが高い中でも競争力ある航空輸送商品を提供している。事業や地域を超えた部門間の連携で、過去最高の物量も円滑なオペレ

2021年3月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) 

2021年3月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で28,556㌧(前年同月比+83.9%)、2位は郵船ロジスティクスで17,219㌧(+103.0%) 、3位は近鉄エクスプレスで16,443㌧(+44.2%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で5,903㌧ (+48.3%) 、5位は 阪急阪神エクスプレスは5,888㌧(+59.9%)とな