緊急事態宣言解除のフォワーダー営業体制 Forwarder normal operation is not expected immediately

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全国で解除され、フォワーダーも今後の営業・業務体制について方針を順次策定している。荷役や通関などの現場以外の事務所ではオフィス出社率を引き上げ、これまで推奨していた在宅勤務体制を段階的に緩和するところもあるが、第2波や感染リスクに備えて当面、延長するというとこもあり、会社によって対応が分かれている状況だ。日本通運は本社や一部部署で出社率30%以下を目標に在宅勤務を行っており、5月中は継続。近鉄エクスプレスは7月1日から通常の体制に戻す予定。 西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)は、27日よりオフィス出社率の目安を60%から80%に変更する。 阪急阪神エクスプレスは顧客対応と社員の安全を優先し、個々の部署で調整しながらリモートワークや計画休業を実施。全面解除後も、感染リスクの観点から引き続きリモートワークの推奨に努める。各社対応の違いはあるものの、早急に在宅勤務を止めて、通常の勤務体制に戻すというところはみられない。

The emergency declaration regarding the new coronavirus has been lifted nationwide, and forwarders are also formulating policies for future sales and business systems. Some offices other than on-site offices such as cargo handling and customs clearance will raise the office attendance rate and gradually relax the work-at-home system that has been recommended until now, but will be extended for the time being in preparation for the second wave and infection risk. Therefore, the situation is different depending on the company. Nippon Express is working from home with the goal of having a company attendance rate of 30% or less at the head office and some departments, and will continue during May. Kintetsu Express plans to return to the normal system from July 1. West Japan Railways International Logistics Business Division (Nishitsu) will change the standard of office attendance rate from 60% to 80% from the 27th. Hankyu Hanshin Express gives priority to customer support and employee safety, and implements remote work and planned closures while coordinating individual departments. Even after the total cancellation, we will continue to recommend remote work from the perspective of infection risk. Although there are differences in how each company responds, there is no such thing as urgently stopping working from home and returning to the normal work system.

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

2019年中国フォワーダーランキング、日通14位 The 2019 China Forwarder Ranking, Nippon Express ranked in 14th

中国国際貨運代理協会(中国フォワーダー協会、CIFA)は2019年の中国フォワーダーランキングベスト100を発表した。総合1位はシノトランス、2位は海運最大手のチャイナ・コスコ・ホールディングス傘下の中遠海運国際貨運(コスコ・インターナショナル・フレート)、3位は中国物資儲運集団だった。日系現地法人では日本通運14位、近鉄エクスプレス23位、郵船ロジスティクス29位にランクイン。事業別では、日通が

2020年12月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) Forwarder Ranking in December 2020

2020年12月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で23,366㌧(前年同月比+35.0%)、2位は近鉄エクスプレス12,926㌧(+9.9%) 、3位は郵船ロジスティクス11,513㌧(+19.8%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)5,028㌧ (+19.4%)、5位は阪急阪神エクスプレスは4,931㌧(+29.2%)だった。全社前年

郵船ロジ、チリで合弁会社を設立 Yusen Logistics establishes joint venture in Chile

郵船ロジスティクスはチリで現地バートナー企業と合弁会社Yusen Logistics Chile SpAを設立した。同社は 2016年からチリで物流サービスを提供しているが、合弁会社設立でさらなる物流事業拡大を目指す。チリは銅などの鉱山物のほか、農林水産物の輸出も盛ん。近年は輸出市場の拡大を目指して近隣諸国やアジア太平洋地域との関係強化や、積極的な通商政策を進めている。 Yusen Logisti

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.