ザ・アライアンスのサービス変更 Direct service Japan to USEC disappears due to the service change of The Alliance

オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)とハパックロイド、ヤンミンおよびHMMは、ザ・アライアンスの2021年の新サービス体制を発表した。日本基点の振り子サービス「FP1」は維持するが、復航で横浜に寄港していた「FP2」は日本を抜港。一方で「PS5」サービスで東京寄港を追加する。また北米東岸サービスでは、「EC1」と「EC3」の統合に伴い、「EC1」で寄港する東京と神戸を抜港。これにより、日本と北米東岸間を結ぶ直航サービスが消滅することとなる。

Ocean Network Express (ONE) and Hapag-Lloyd, Yangmin and HMM have announced a new service structure for The Alliance in 2021. The pendulum service "FP1", which is based in Japan, will be maintained, but "FP2", which was calling at Yokohama on the return flight, will leave Japan. On the other hand, the "PS5" service will add a port call to Tokyo. In addition, with the integration of "EC1" and "EC3", the North American East Coast Service will leave Tokyo and Kobe, which call at "EC1". As a result, the direct service connecting Japan and the east coast of North America will disappear.

30回の閲覧

最新記事

すべて表示

マースク、スエズ事故で一部短期契約の予約を停止 Maersk suspends bookings for some short-term contracts due to Suez accident

3月23日にスエズ運河内で巨大コンテナ船「エバーギブン」が座礁し、29日まで他船の往来を妨げていた件について、コンテナ船最大手のマースクが見解を示した。運河の開通後も数週間にわたり貨物船やコンテナの不足が予想されることから、一部の短期契約の予約を停止を発表。アジア発の全世界への輸出などが対象となる。同社はこれらの対応については「一時的なもの」と強調。まずは既存の積載貨物や空きコンテナなどの迅速かつ

ONE、アジアー東アフリカ間で新航路 ONE to launch new route between Asia and East Africa

オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)は、同社のアジア・東アフリカ間路線に新たな貨物便「EAFサービス」を追加する。週1便で、上海からモンバサ(ケニア)とダルエスサラーム(タンザニア)を結ぶ。初便は3月31日に上海に入港し、寧波、南沙、シンガポール、ポートクランを経由してモンバサ、ダルエスサラームに到着。帰路はポートクラン、シンガポールを経て上海に寄港する。同社は新路線によって、アフリカ市場

マースク、日本発英国向けシー&レール輸送実施 Maersk to provide sea and rail transport from Japan to the UK

マースクは特定荷主の日本発貨物だけで編成されたブロックトレイン(コンテナ専用列車)を初めて運行した。コンテナ40FEUを横浜から英国フェリクストウ港まで輸送する際、欧州航路ではなく、TSR(シベリア横断鉄道輸送)を活用。欧州航路のスペースが取りづらい中、海上・鉄道を組み合わせたシー&レール輸送を代替サービスとして提供した。 Maersk operated for the first time a

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.