コロナワクチン輸送、前例ない難易度 DHL points out the COVID-19 vaccine supply is "unprecedented difficult"

DHLは、年内にも最初の新型コロナウイルス用ワクチンの緊急使用承認が認められる見通しとなるのを前に、物流企業が直面するであろう課題を整理した。同社が発表したレポートによると、物流企業は世界で100億回分以上にのぼるワクチンをマイナス80度より低い温度で輸送するという、厳しい温度要件が課される可能性がある、と指摘した。そのうえで、ワクチンをグローバルに供給するためには「さまざまなサプライチェーン全体で最大20万パレットの出荷、冷却ボックスで最大1500万回の配送、1万5000回のフライトが必要」と分析。これらのロジスティクスを機能させるためには、各国政府と民間部門が連携した公衆衛生危機戦略と枠組みを確立する必要があると指摘している。

DHL has set out the challenges that logistics companies may face, ahead of the approval for emergency use of the first vaccine for the new coronavirus by the end of the year. According to a report released by the company, logistics companies may be subject to stringent temperature requirements to transport more than 10 billion vaccines worldwide at temperatures below -80 degrees Celsius. After that, in order to supply the vaccine globally, it is necessary to ship up to 200,000 pallets throughout the various supply chains, deliver up to 15 million times in the cooling box, and fly 15,000 times. He points out that in order for these logistics to function, governments and the private sector should establish public health crisis strategies and frameworks.

27回の閲覧

最新記事

すべて表示

上海浦東空港で貨物便運休・受託制限拡大

中国・上海浦東空港における防疫管理強化が深刻化している。8月20-21日にかけて、新型コロナウイルスの感染者が新たに確認され、週末は航空貨物の取り扱い機能が事実上停止していた。23日に入って貨物を取り扱う上屋業務の一部が再開されたようだが、貨物便の運休や受託停止・制限が拡大。キャパシティーが大きく圧迫されている。エクスプレス事業者も対応を進め、DHLエクスプレスは27日まで上海市、浙江省、江蘇省、

中国の感染防止対策がサプライチェーンへ影響の懸念

コロナ禍における中国の強烈な感染対策がサプライチェーンへ影響する懸念が高まっている。国では新型コロナウイルスの感染拡大防止として、港湾や空港の作業員を対象に定期検査を行っており、陽性者が発見された場合には周囲も含めた徹底的な検査や隔離措置を実施している。塩田に続き寧波港でも、少数の感染者発見で即座にコンテナターミナルが閉鎖した。寧波港では年末商戦を控えた欧米市場向けの荷積みのために、ターミナルには

高騰続く航空運賃、定期運賃交渉目処立たず Airfare fares continue to rise, and no prospect for regular fare negotiation

新型コロナウイルスの影響で国際航空貨物の運賃が異例の事態に陥っている。国際旅客便の相次ぐ運休・減便で長期契約の運賃が使えなくなり、現状2割高で変動が激しいスポット運賃の適用が続いている。今後の定期運賃交渉のメドも立たず、フォワーダーによれば 期運賃の適用は今年度いっぱいは難しそうという。 Due to the new coronavirus, international air freight f