コンテナ荷動き減速、東南ア発拡大も復航は当面好調 Departure of container cargo slowed down and expansion from Southeast Asia

新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、海上コンテナトレードにさまざまな変化が起きている。当初は中国発、その後は欧米側での貨物滞留など大きな影響が出たが、足元では東南アジアで影響が拡大。感染防止対策の影響で各国の生産活動や出荷が停滞しつつあり、「輸入需要の縮小もあるが、生産できない・貨物を港まで運べない、という供給側の事情で物量が減っている」という。船社は全世界で最大3割程度の船腹を削減しているが、今後、必要に応じてさらなる合理化に踏み切る可能性がある。一方、アジア向けの輸入は好調で、ドライ・リーファーともに満船状態が続く。世界的に荷動き需要は縮小しているが、欧米からアジアへの需要は堅調で実際には貨物構成やトレードによってかなり異なる状況となっている。

Due to the spread of new coronavirus infection, various changes are occurring in maritime container trade. Initially from China, after that there was a big impact such as cargo accumulation on the Western side, but now the impact is expanding in Southeast Asia. The production activities and shipments of each country are stagnation due to the influence of infection control measures, and "there is a decrease in import demand, but the quantity is decreasing due to the supply side circumstances that production cannot be done and cargo cannot be transported to the port". . The shipping companies have reduced the maximum of about 30% in the world, but in the future, there is a possibility of further rationalization if necessary. On the other hand, imports to Asia are brisk, and dry reefers remain full. Demand for cargo movements is declining globally, but demand from Europe and the US to Asia is solid, and in reality the situation varies considerably depending on the cargo composition and trade.

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

1月フォワーダーランキング(国際航空輸出貨物取扱量) Forwarder Ranking in January (International Air Cargo Handling Volume)

1月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で22,572㌧(前年同月比+50.0%)、2位は近鉄エクスプレス12,726㌧(+25.4%) 、3位は郵船ロジスティクス11,908㌧(+46.0%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)5,103㌧ (+42.3%)、5位は阪急阪神エクスプレスは4,961㌧(+49.5%)だった。前月に続き、全社前

日本発航空輸出混載貨物実績(1月) Air cargo exporting from Japan results (January)

1月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が 8万7558 3㌧(前年同月比+34.0%)、件数が21万9375件(+15.0%)だった。 重量は2カ月連続の増加。中国を中心にアジア向けが大幅増加した。品目別では自動車関連が好調。海上輸送が混乱しており、航空便が代替したことも実績を押し上げた。 Air freight consolidation shipments from Japan in Jan

アジア向け航空運賃、半導体と春節で2倍に Airfares to Asia doubled due to semiconductors and Chinese New Year

中華圏の春節(旧正月)を控え、日本発アジア向けの航空貨物スポット運賃が高騰している。東アジア向けでは半導体関連など輸出需要が好調の中、春節前の駆け込み需要もあり、年明け以降、例年の2倍以上に急騰。春節以降も活況な荷動きが続き、スポット運賃は高止まりが続く見込み。 Air freight spot fares from Japan to Asia are skyrocketing ahead of

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.