中部国際空港、臨時便落ち着くも混雑


台風21号による関西国際空港の運営停止期間中、中部国際空港(NGO)に臨時便が多数就航していた。9月21日関空の再開以降は臨時便がなくなり、貨物のオペレーションピークは過ぎたとみられる。しかし、10月1日の中国の国慶節により9月末の貨物需要が強まり、上屋の混雑は続いている。また、週末の台風24号接近にかかる運休の恐れもあるため、平常時に戻るまではまだ時間を要するという。

During the suspension period of Kansai International Airport due to Typhoon No.21, a large number of extra flights were in service at Chubu International Airport (NGO). Since the resumption of Kansai International Airport on September 21, there have been no extra flights, and the cargo operation peak is considered to have passed. However, freight demand at the end of September increased due to the Chinese holidays on 1st Oct., cargo terminal continues to be crowded. In addition, because there is a fear that the weekend will be off due to the approach of Typhoon No. 24, it will take time to return to normal operations.


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 40

欧州(前週比+2.7%)、北米東岸経由(+7.0%)、韓国(+0.2%)で増加。北米西岸経由(-3.7%)は減少。 Europe (+2.7%), North America via East Coast (+7.0%), and South Korea (+0.2%) increased. Traffic via the west coast of North America (-3.7%)

北米港湾の混雑継続、鉄道も貨物滞留

ONEは北米の西岸と東岸、内陸におけるコンテナ輸送の混雑状況について発表した。米国時間の1日時点で、西海岸ではロサンゼルス(ロングビーチ)で65隻、シアトル(タコマ)で12隻、バンクーバーで3隻が、東海岸ではジョージア州のサバンナで26隻のコンテナ船が待機中という。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的なEC利用拡大で、アジアから北米への海上輸送の玄関口である米国西海岸の港湾では、コンテナ取扱量

日本発航空輸出混載貨物実績(21年8月)

8月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が8万9012㌧(前年同月比+59.1%)、件数が21万1487件(+21.9%)だった。重量は9カ月連続の前年超え。 Airfreight consolidation shipments from Japan in August totaled 89,012 tons (up 59.1% y-o-y) and 211,487 cases (up 21.9%