中部国際空港、臨時便落ち着くも混雑


台風21号による関西国際空港の運営停止期間中、中部国際空港(NGO)に臨時便が多数就航していた。9月21日関空の再開以降は臨時便がなくなり、貨物のオペレーションピークは過ぎたとみられる。しかし、10月1日の中国の国慶節により9月末の貨物需要が強まり、上屋の混雑は続いている。また、週末の台風24号接近にかかる運休の恐れもあるため、平常時に戻るまではまだ時間を要するという。

During the suspension period of Kansai International Airport due to Typhoon No.21, a large number of extra flights were in service at Chubu International Airport (NGO). Since the resumption of Kansai International Airport on September 21, there have been no extra flights, and the cargo operation peak is considered to have passed. However, freight demand at the end of September increased due to the Chinese holidays on 1st Oct., cargo terminal continues to be crowded. In addition, because there is a fear that the weekend will be off due to the approach of Typhoon No. 24, it will take time to return to normal operations.


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 18

欧州(前週比+4.9%)、北米西岸経由(+1.2%)、 北米東岸経由(+8.1%) で増加。 韓国(-5.4%) は減少。

日本発航空輸出混載貨物実績(3月)

3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万3236㌧(前年同月比+63.4%)、件数が26万9240件(+23.9%)だった。年度末の需要増加により、海上貨物の混乱で貨物がさらに増加し、2月からも1万8000㌧超増えた。 重量は4カ月連続の増加で、 新型コロナウイルス禍のスペース不足が続く中、記録的な高水準となった。