ボーイング、2年後に747生産打ち切りへ Boeing is to stop producing the 747 in two years

ボーイング(アメリカ)は、商用機を追加減産する方針を明らかにした。 新型コロナウイルスの影響が想定を上回ると判断し、4月に公表した生産計画をさらに引き下げる。「ジャンボジェット」の呼び名で知られた大型機747は受注済みの貨物機を納入する2022年に生産を打ち切るとした。 そのほか大型機777は4.5機から2機へ、 中型機787のは従来の月間14機から2021年に6機まで落とすという。

Boeing (USA) has announced plans to cut production of commercial aircraft. Judging that the effect of the new coronavirus exceeds expectations, the production plan announced in April will be further lowered. The large 747, known as the "Jumbo Jet", will stop production in 2022, when it will deliver the ordered freighter. In addition, the number of large aircraft 777 will be reduced from 4.5 to 2, and the number of medium-sized aircraft 787 will be reduced from 14 in the previous month to 6 in 2021.

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 18

欧州(前週比+4.9%)、北米西岸経由(+1.2%)、 北米東岸経由(+8.1%) で増加。 韓国(-5.4%) は減少。

日本発航空輸出混載貨物実績(3月)

3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万3236㌧(前年同月比+63.4%)、件数が26万9240件(+23.9%)だった。年度末の需要増加により、海上貨物の混乱で貨物がさらに増加し、2月からも1万8000㌧超増えた。 重量は4カ月連続の増加で、 新型コロナウイルス禍のスペース不足が続く中、記録的な高水準となった。