全日空、沖縄貨物ハブ8月末まで運休の見通し ANA has forecast that the Okinawa Hub will be suspended until the end of Aug.

全日空(ANA/NH)は、新型コロナウイルスの影響で3月末から運休となっている「沖縄貨物ハブ」について、8月末まで引き続き運休の見通しを示した。8月は、成田と上海、台北、香港、バンコク、ソウル、フランクフルトを結ぶ6路線で臨時貨物便を運航するほか、定期便の成田-広州線の運航本数を週6往復に増便。羽田-ロサンゼルス、成田-ホーチミン、羽田-上海(浦東)の旅客便3路線では、全便または一部で乗客を乗せずに貨物・郵便だけ搭載して運航する。那覇空港を中心にアジア各国を貨物便で結ぶ「沖縄貨物ハブ」は、各国の入国制限措置による乗務員の確保難や、旅客便の大幅運休・減便による貨物スペースの供給不足によって、3月末から同空港に接続する全便が運休。

All Nippon Airways (ANA/NH) has announced that it will suspend operations until the end of August for the "Okinawa Freight Hub," which has been suspended since the end of March due to the new coronavirus. In August, in addition to operating temporary cargo flights on six routes connecting Narita to Shanghai, Taipei, Hong Kong, Bangkok, Seoul, and Frankfurt, the number of scheduled Narita-Guangzhou flights will be increased to six round trips per week. On three passenger flights, Haneda-Los Angeles, Narita-Ho Chi Minh, and Haneda-Shanghai (Pudong), all or some of the passenger flights will carry passengers and only cargo and mail. The Okinawa Freight Hub, which connects Asian countries with freight flights centering on Naha Airport, will begin at the end of March due to difficulty in securing crew members due to immigration restrictions in each country, and shortage of cargo space due to drastic suspension and reduction of passenger flights. All flights connecting to the airport are suspended.

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

マースク、スエズ事故で一部短期契約の予約を停止 Maersk suspends bookings for some short-term contracts due to Suez accident

3月23日にスエズ運河内で巨大コンテナ船「エバーギブン」が座礁し、29日まで他船の往来を妨げていた件について、コンテナ船最大手のマースクが見解を示した。運河の開通後も数週間にわたり貨物船やコンテナの不足が予想されることから、一部の短期契約の予約を停止を発表。アジア発の全世界への輸出などが対象となる。同社はこれらの対応については「一時的なもの」と強調。まずは既存の積載貨物や空きコンテナなどの迅速かつ

ONE、アジアー東アフリカ間で新航路 ONE to launch new route between Asia and East Africa

オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)は、同社のアジア・東アフリカ間路線に新たな貨物便「EAFサービス」を追加する。週1便で、上海からモンバサ(ケニア)とダルエスサラーム(タンザニア)を結ぶ。初便は3月31日に上海に入港し、寧波、南沙、シンガポール、ポートクランを経由してモンバサ、ダルエスサラームに到着。帰路はポートクラン、シンガポールを経て上海に寄港する。同社は新路線によって、アフリカ市場

マースク、日本発英国向けシー&レール輸送実施 Maersk to provide sea and rail transport from Japan to the UK

マースクは特定荷主の日本発貨物だけで編成されたブロックトレイン(コンテナ専用列車)を初めて運行した。コンテナ40FEUを横浜から英国フェリクストウ港まで輸送する際、欧州航路ではなく、TSR(シベリア横断鉄道輸送)を活用。欧州航路のスペースが取りづらい中、海上・鉄道を組み合わせたシー&レール輸送を代替サービスとして提供した。 Maersk operated for the first time a

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.