ANA、4月の貨物機運航計画変更 成田ー上海に集中 ANA changes cargo plane operation plan in April focusing on Narita-Shangha

ANAカーゴ(ANA/NH)は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月31日から4月30日までの貨物専用便の運航計画の変更を発表した。主に運休となったのは、「沖縄貨物ハブ」を中心とする運航便で、当初のスケジュールでは羽田・成田・北九州・上海・香港・バンコク・シンガポール・台北・ソウルとつながっているが、上海を除く8路線の一部で運休が決まった。追加された臨時貨物便は成田発着の上海・香港・台北線。当面の間は成田発着を中心に運用される見通し。

ANA Cargo (ANA / NH) has announced a change in its operating schedule for cargo-only flights from March 31 to April 30, following the spread of the new coronavirus infection. The main suspension was for flights operated mainly by the Okinawa Freight Hub, which initially had connections to Haneda, Narita, Kitakyushu, Shanghai, Hong Kong, Bangkok, Singapore, Taipei, and Seoul. Canceled on some of the eight routes except. The extra cargo service added is the Shanghai / Hong Kong / Taipei route to / from Narita. For the foreseeable future, it will be operated mainly at Narita.

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

マースク、オランダのECサービス企業を買収

A.P.モラー・マースク(デンマーク)は、ECサービス事業を展開するB2Cヨーロッパ・ホールディングス(オランダ)の買収が完了した。B2Cヨーロッパ社は小包の集荷や仕分け、ラベリングなどのサービスを提供。ヨーロッパ35か国の100以上の運送業者と提携し、ラストワンマイル配送のネットワークを拡大している。オランダ、フランス、英国、スペインに加えて、中国にもオフィスを構える。強みを持つ海運事業に加えて

フェデックスが配送料金値上げ、コスト増反映

フェデックスコーポレーションは傘下のフェデックスエクスプレス、フェデックスグラウンド、フェデックスフレイトの3社が来年1月3日から配送料金を引き上げると発表した。フェデックスエクスプレスは米国国内、米国からの輸出・輸入サービスを対象に、平均5.9%値上げする。フェデックスグラウンドとフェデックスホームデリバリーの値上げ幅も5.9%となる見通し。フェデックスフレイトはサービスによって平均5.9%と7

ONE、モバイルアプリに貨物追跡など2機能追加

オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)は、5月に提供を開始したモバイルアプリに、新機能として「トラック&トレース」と「チャット」を追加した。トラック&トレースは移動中の貨物を追跡する機能で、書類の提出状況や出荷指示、VGM(総重量確定情報)なども確認できる。チャット機能は、ONEのカスタマーサービスにアクセスするためのもの。同社は「ONEと顧客の距離を縮める」としている。同社のアプリは、取引