アジア向け航空運賃、半導体と春節で2倍に Airfares to Asia doubled due to semiconductors and Chinese New Year

中華圏の春節(旧正月)を控え、日本発アジア向けの航空貨物スポット運賃が高騰している。東アジア向けでは半導体関連など輸出需要が好調の中、春節前の駆け込み需要もあり、年明け以降、例年の2倍以上に急騰。春節以降も活況な荷動きが続き、スポット運賃は高止まりが続く見込み。

Air freight spot fares from Japan to Asia are skyrocketing ahead of the Chinese New Year. While export demand for semiconductors and other products to East Asia is strong, there is also last-minute demand before the Chinese New Year, and since the beginning of the year, it has more than doubled from the usual year. Lively cargo movements will continue after the Chinese New Year, and spot fares are expected to remain high.

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

日通総研、2021年度の外貿コンテナ・航空輸出はプラス成長を予測 Positive growth in foreign trade container and air exports in 2021

日通総合研究所の「2020・21年度の経済と貨物輸送の見通し」によると、2021年度日本発外貿コンテナ輸出量は468万TEU(前年度比+6.5%)、航空輸出重量は103万㌧(+12.8%)といずれもプラス成長となる見通しだ。航空輸出はコロナ前と同程度の水準に戻ると予想されている。 According to the Nittsu Research Institute's "Economic and

日本発航空輸出混載貨物実績(2020年) Air cargo exporting from Japan results (2020)

航空貨物運送協会(JAFA)によると、2020年の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が78万4537㌧(前年比-19.8%)、件数が239万5145件(-16.5%減だった。重量は2年連続の前年割れ。リーマン・ショックの影響で貨物が大幅に落ち込んだ2009年(82万6385㌧)を下回り、2000年以降で最低を記録した。新型コロナウイルスの感染拡大により世界各地における製造業の生産減少に加え、旅客便

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.