日本発航空輸出混載貨物実績(7月) Air cargo exporting from Japan results (July)

2020年7月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が5万4470㌧(前年同月比-29.1%)、件数が18万8533件(-25.2%)だった。前年割れは20ヶ月連続。新型コロナウイルスの影響に起因する航空貨物スペースの縮小で低水準が続くも、5月を底に6、7月と緩やかな回復が見られた。TC1、2は対前年の減少幅も縮小した。


In July 2020, the combined air cargo shipments from Japan were 54,470 tons (-29.1% compared to the same month of the previous year) and 188,533 (-25.2%). It has been 20 consecutive months since last year. Although the low level continued due to the reduction of air cargo space due to the influence of the new coronavirus, a gradual recovery was seen in May and bottom in June and July. TC1 and 2 are also recovering.

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

CCFI Summary week 18

欧州(前週比+4.9%)、北米西岸経由(+1.2%)、 北米東岸経由(+8.1%) で増加。 韓国(-5.4%) は減少。

日本発航空輸出混載貨物実績(3月)

3月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が11万3236㌧(前年同月比+63.4%)、件数が26万9240件(+23.9%)だった。年度末の需要増加により、海上貨物の混乱で貨物がさらに増加し、2月からも1万8000㌧超増えた。 重量は4カ月連続の増加で、 新型コロナウイルス禍のスペース不足が続く中、記録的な高水準となった。