日本発航空輸出混載貨物実績(7月) Air cargo exporting from Japan results (July)

2020年7月の日本発航空輸出混載貨物実績は、重量が5万4470㌧(前年同月比-29.1%)、件数が18万8533件(-25.2%)だった。前年割れは20ヶ月連続。新型コロナウイルスの影響に起因する航空貨物スペースの縮小で低水準が続くも、5月を底に6、7月と緩やかな回復が見られた。TC1、2は対前年の減少幅も縮小した。


In July 2020, the combined air cargo shipments from Japan were 54,470 tons (-29.1% compared to the same month of the previous year) and 188,533 (-25.2%). It has been 20 consecutive months since last year. Although the low level continued due to the reduction of air cargo space due to the influence of the new coronavirus, a gradual recovery was seen in May and bottom in June and July. TC1 and 2 are also recovering.

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

日通総研が2020年度貨物輸送見通しを発表 Nittsu Research Institute Announces 2020 Freight Transport Outlook

日通総合研究所は、「2020年度の経済と貨物輸送の見通し(改訂)」で外貿コンテナ貨物と国際航空貨物の輸出がともに2年連続でマイナスを記録するとの予測を明らかにした。外貿コンテナ貨物の輸出は9.2%の減少を予測。特に4-6月期はコロナ・ショックによる下押しで、前期からマイナス幅が大幅に拡大した。海外の設備投資需要は回復の勢いが弱く、機械類は低調な荷動きが続き、前年度水準を下回るという。国際航空貨物の

株式会社Lean Energy

東京都中央区日本橋室町

1-13-1 DKノア4階

お問い合わせ

support@ebidfreight.com

​© Lean Energy Co., Ltd. All right reserved.