スエズ運河コンテナ船座礁対応難航、321隻待機 321 ships on standby as Suez Canal container ship stranding

スエズ運河で、現地時間3月23日午前に発生した超大型コンテナ船の座礁について大きな進展は出ていない。船を所有する正栄汽船は26日、日本時間の27日夜の離礁を目指すと発表していたが、現地の管理当局は27日午後の会見で通航再開の目処について明言しなかった。運河内や周辺で待機している船の数は321隻にのぼり、物流への影響が深刻化することが懸念される。また、座礁の原因については強風だけではないと指摘し、技術的、もしくは人為的なミスが主要な原因になった可能性があるとしている。

No major progress has been made on the stranding of a very large container ship in the Suez Canal that occurred on the morning of March 23 (local time). The ship's owner, Shoei Kisen Steamship Company, announced on March 26 that it was aiming to leave the canal on the evening of March 27 (Japan Standard Time), but the local authorities did not say when the ship would be reopened at a press conference on the afternoon of March 27. The number of ships waiting in and around the canal has reached 321, and there are concerns that the impact on logistics will become more serious. It also pointed out that strong winds were not the only cause of the stranding, and that technical or human error could have been the main cause.

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

北米港湾の混雑継続、鉄道も貨物滞留

ONEは北米の西岸と東岸、内陸におけるコンテナ輸送の混雑状況について発表した。米国時間の1日時点で、西海岸ではロサンゼルス(ロングビーチ)で65隻、シアトル(タコマ)で12隻、バンクーバーで3隻が、東海岸ではジョージア州のサバンナで26隻のコンテナ船が待機中という。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的なEC利用拡大で、アジアから北米への海上輸送の玄関口である米国西海岸の港湾では、コンテナ取扱量

国総研、スエズ事故影響の全容把握の長期化を予測

国土技術政策総合研究所は8日、今年3月23日にスエズ運河内で2万TEUの大型コンテナ船「エバーギブン」が座礁し、1週間にわたり運河を閉塞させた事案を受けた研究資料を公開した。海上物流において貨物船が集中する、国際海峡・運河などへの依存度が年々高くなっていることから、運河の閉塞による影響の全容把握には時間がかかると指摘している。資料では、3月のスエズ運河閉塞による直接損失額が460億米ドル、波及効果

上海浦東空港で貨物便運航再開も遅延や運賃急騰

政府の防疫管理強化で混乱が発生していた中国・上海浦東空港で、貨物機の運航が徐々に再開されている。しかし、依然として労働力が少なく、遅延や運賃の急騰が生じている。スペースは依然として不足しており、ヨーロッパ向けでは2~3日の遅延があるという。上海のある中国のフォワーダーは、ほとんどの貨物機は近く再開されるが、すべての旅客貨物機は9月5日まで運休されると予想する。また、キャパシティが30%~50%減少