日立ソリューションズ、原産地証明書管理サービスを提供 Hitachi Solutions Provides Certificate of Origin Management Service


日立ソリューションズは、輸出入で自由貿易協定(FTA)を適用する際に必須となる物品の原産地証明を支援する「原産地証明書管理サービス」を3月18日からクラウド上で提供開始すると発表した。同サービスは、FTAを用いて輸出する物品が協定締約国内産であることを企業が自ら証明する「自己証明制度」の原産性判定手続きにおいて、専門家の知見を生かしたワークフローや、証明書類の一元管理により正当性を確立し、コンプライアンス違反のリスクを低減するという。

Hitachi Solutions announced on March 18 that it will provide a certificate of origin management service on the cloud from March 18 to support the certification of the origin of goods, which is essential when applying the Free Trade Agreement (FTA) for import and export. This service uses the knowledge of experts in workflows and certificates for experts in the ”self-certification system '' of originality determination procedures in which companies themselves certify that goods exported using FTAs are domestic products of the agreement. He said that the centralized management will establish legitimacy and reduce the risk of non-compliance.


7回の閲覧

最新記事

すべて表示

ONE、モバイルアプリに貨物追跡など2機能追加

オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)は、5月に提供を開始したモバイルアプリに、新機能として「トラック&トレース」と「チャット」を追加した。トラック&トレースは移動中の貨物を追跡する機能で、書類の提出状況や出荷指示、VGM(総重量確定情報)なども確認できる。チャット機能は、ONEのカスタマーサービスにアクセスするためのもの。同社は「ONEと顧客の距離を縮める」としている。同社のアプリは、取引

ブロックチェーン貿易プラットフォームトレードレンズ、中国でも拡大

マースクとIBMがブロックチェーン技術を用いて共同開発した海運業界向けプラットフォーム「TradeLens」(トレードレンズ) を中国でも提供を開始した。 マースクが5月に中国のチャイナ・ユニコム・デジタル・テックとパートナーシップ契約を締結したことで実現。すでに10社以上の中国企業が参加している。具体的な社名については明らかにされていないものの、「業界をリードする中国企業や、2つの港湾グループ、

郵船ロジスティクス、LCL・航空貨物でデジタルFWDサービス開始

郵船ロジスティクスは、オンラインで見積もりからブッキング、保険手配、トラッキングまで可能なデジタルフォワーディング(FWD)サービス「Yusen Vantage Focus Quote and Book」を開始する。従来のトラッキング機能にウェブ上での見積もり・ブッキング機能を追加し、LCL(海上混載)と航空貨物を対象として、香港、シンガポール、ベトナム発輸出と、同3カ国・地域と中国、米国、日本着